盗塁に巻き込まれたレストランの従業員に対処する方法

外食産業は、従業員が盗む機会が十分にある産業です。家の前でも後ろでも、レストランの従業員は会社から食べ物、アルコール、お金を盗むことができます。彼らが捕まえられたときは、迅速かつ巧妙に状況に対処する必要があります。従業員を懲戒する際に銃を飛び越えると、差別や名誉毀損などの罪で民事責任を問われる可能性があるため、慎重に行動を選択してください。

1

証拠を確認します。あなたはすでに従業員の盗難を捕まえていますが、事実と証拠をもう一度調べて、詳細が正しいことを確認してください。

2

従業員をレストランのオフィスなどのプライベートエリアに連れて行き、何が起こったのかについて話し合います。あなたの証拠を従業員に提示し、話の彼の側を求めてください。

3

違反の重大度と従業員の評判を考慮してください。たとえば、他のモデルの従業員が請求せずに顧客にショットを注いでいるのを見つけた場合、単に警告を与えてこれが許容できない行動である理由を話し合うことができれば、彼を解雇して代わりの人を訓練する価値がないかもしれません。ただし、問題のある従業員がダッフルバッグに冷凍ステーキを入れて外に出てしまった場合は、解雇が適切な対応です。

4

懲戒処分の決定を従業員に説明し、一貫性を保ちます。たとえば、男性従業員が警告を受けただけで女性従業員が盗難で解雇された場合、差別訴訟に直面する可能性があります。同様に、従業員が盗塁に巻き込まれたことを示す十分な証拠がない場合は、不法解雇の罪で起訴される可能性があります。どのような決定を下す場合でも、会社の方針に従い、過去の決定と一致している必要があります。