Matlabでヒストグラムの軸を変更する方法

Matlabヒストグラムは、ビンと呼ばれる一定の間隔にグループ化されたデータの分布を示します。Matlabには、デカルト座標系または極座標系でヒストグラムを作成するための事前定義された関数があります。ヒストグラムを作成した後、Matlabデスクトップのワークスペースブラウザーでアクセスできるグラフィカルプロパティエディターを使用してそのプロパティを操作するか、コマンドウィンドウにコードを入力できます。Matlabはヒストグラムの軸を自動的に作成し、グラフのサイズを変更するとサイズを変更しますが、軸を手動で変更するオプションもあります。

1

x変数とy変数を定義して関数を作成します。たとえば、「x = 1:100;」と入力します。および「y = exp(x);」-ここと全体に引用符はありません-各コマンドの後で「Enter」を押します。「hist(y)」と入力し、「Enter」を押して関数のヒストグラムを作成します。

2

開いたヒストグラムウィンドウのメニューバーで「表示」をクリックします。「プロパティエディタ」をクリックし、「プロパティエディタ」ウィンドウが開いたら、「その他のプロパティ」をクリックします。

3

「位置」をクリックして、ヒストグラム軸の配置を変更します。ツールバーの手のアイコンをクリックし、軸を希望の場所にドラッグします。

4

「XLim」または「YLim」をクリックして、x軸またはy軸に制限を設定します。エディタウィンドウが開いたら、「XLim」または「YLim」の範囲を入力します。たとえば、15〜20の値のみのx軸を表示するには、「XLim」の横に「15 20」と入力し、「OK」をクリックします。

5

「ActivePositionProperty」をクリックして、コンポーネントを追加または削除するときにMatlabがグラフの軸のサイズを変更する方法を構成します。「OuterPosition」をクリックして、最も外側の境界線を自動サイズ変更の参照として使用します。この設定により、サイズ変更時にMatlabは常にグラフの周囲にテキストと書式を表示します。

6

サイズ変更時に内側の境界線を参照として使用する場合は、「ActivePositionProperty」ウィンドウの「Position」をクリックします。この設定は、グラフウィンドウの外側にある軸の部分のオブジェクトをクリップします。