イノベーション企業の利点

イノベーション企業とは、既存の消費者市場を前進させ、経済成長を推進し続ける新しい技術の進歩を先導する企業です。アップルやグーグルのような企業は、テクノロジーと情報の世界を絶えず再定義し、その影響力がときどき圧倒されるようにしています。イノベーションを主な焦点とする企業は、群衆の中で目立ち、莫大な利益を得ることができます。Appleが1980年代に行ったように、イノベーションの開発を主導する中小企業は、将来の成長と業界のリーダーシップに向けて自らを位置づけることができます。

創造性

イノベーション企業は一般的に、新製品を紹介するだけでなく、完成まで見通すことができる創造的で有能な個人を多数雇用しています。イノベーション企業は、製品開発のすべての段階を監督し、消費者にとって非常に望ましい完成品をもたらす概念化、設計、および実装のプロセスを通じて製品の市場での成功を保証する多数の人々を雇用することがよくあります。群衆の中で目立つことを望む中小企業にとって、可能な限り最も創造的な才能を見つけて雇うことは成功のために不可欠です。

リーダーシップ

イノベーション企業が発揮する創造性は、多くの場合、それぞれの業界でリーダーシップを発揮します。たとえば、Appleは定期的に最新のイノベーションのニュースを発表しており、これは一般に、成功を後押ししようとしている他の企業によって後に開発される他の同様の製品の基準を設定します。これらの企業がようやく追いつくまでに、Appleや他のリーダーシップの役割を担う企業は、一般的に、再び先導するための別の革新的な製品を作成しました。中小企業は通常、最初からこの種のリーダーシップの役割を担う立場にはありませんが、評判を高め、時間の経過とともに、一度に1つの製品でそれを行うことができます。

経験

イノベーション企業には、経験があるという利点もあります。彼らは通常、製品開発のプロセスを、何度も繰り返すことができる正確な科学に落とし込みます。このプロセスを効率的に繰り返す能力は、一般に、初めて新製品を作成しようとする他の企業とは一線を画しています。中小企業の場合、これには通常、かなりの試行錯誤が伴います。

名前の認識

彼らはそれぞれの業界のリーダーであるため、イノベーション企業は通常、ターゲット市場を獲得するために過剰な量の広告やブランディングを行う必要はありません。代わりに、彼らの名前だけが彼らの業界でかなりの重みを持っており、人々は彼らの製品が市場に出るのを待っています。彼らの名前の認識は一般的に市場の他の会社から彼らを際立たせます、それは彼らが彼らの製品を宣伝するためにほとんど何もする必要がないことを意味します。これはおそらく、中小企業が確立するのが難しいことの1つです。しかし、真に革新的な製品が1つしかないため、これらの企業は市場でニッチ市場を開拓し、同じタイプの認知を得ることができます。