プラスの粗利益と純損失とは何ですか?

事業主は、事業の健全性に関する情報を提供する3つの主要な財務諸表に依存しています。貸借対照表、キャッシュフロー計算書、および損益計算書は、会社が費やし、稼ぎ、投資している金額を所有者に伝えます。これらのステートメントの1つである損益計算書は、ビジネスが生み出す利益と損失の量を所有者に伝えます。

プラスの粗利益

損益計算書が示す最も重要な計算の1つは、粗利益です。粗利益は、売上高から事業の総直接費(売上原価とも呼ばれる)を差し引いて計算されます。この数値は、正、負、またはニュートラル(つまり、ゼロ)にすることができます。成功するビジネスは、ほとんどの場合、ここで正の数を示します。この粗利益は、諸経費や所得税などの他の費用に充てられます。

純損失

新規事業または失敗した事業は、売上原価、諸経費または所得税をカバーするのに十分な収入がない場合があります。これが発生した場合、事業には純損失が発生し、粗利益から総費用と所得税を差し引いて計算されます。この数値が正の場合は純利益ですが、損失の場合は純損失です。会社に純損失がある場合は、改善を行う必要があります。

その意味

会社の営業総利益はあるが純損失を維持している場合、さまざまな可能性があります。最初の可能性は、ビジネスの諸経費が潜在的な利益を窒息させていることです。これは、企業が従業員を解雇することによって支出を削減する一般的な理由です。あるいは、販売が鈍化しているか、会社が製品を製造するための材料に多くのお金を払って、売上原価を上げている可能性があります。利益を維持または増加させるために、企業は製品の品​​質を損なうことなく無駄を排除しながら、リソースを最大化しようとします。

トレンドを調べる

企業が健全で成長しているかどうかを判断する1つの方法は、時間の経過に伴う粗利益と純損失を分析することです。収益が着実に増加しているということは、同時に経費が増加していることを意味することが多く、必ずしも会社が非効率的に運営されていることを意味するわけではないことに注意してください。理想的には、粗利益は増加し、純損失は減少するはずです。これが発生した場合、会社は理想的には自社の製品とその人材により多くの投資を行うでしょう。