iPodをステレオに配線する方法

Apple iPodは音楽プレーヤーとして設計されていますが、音楽を再生するだけではありません。また、MP3、M4A、M4P、WAV、AIFF、AAC形式の通常のオーディオファイルを再生することもできます。この互換性の範囲により、iPodはビジネスやその他の状況でオーディオプレゼンテーションを再生するのに適しています。すべてのiPodで使用されているオーディオ接続タイプは3.5mmステレオであるため、ステレオでの使用は比較的簡単です。iPodをステレオに配線するには、3.5mmステレオコードと、場合によってはRCAアダプターが必要です。

1

ステレオの位置を変更して、通常は背面にある接続パネルにアクセスできるようにします。「AUX」または「AUXILIARY」というラベルの付いた入力接続を見つけます。3.5mm入力の場合、必要なのは3.5mmステレオコードだけです。赤と白のRCA入力の場合は、3.5mmステレオコードとRCAアダプターが必要になります。

2

3.5mmステレオコードの一方の端をiPodのオーディオ(ヘッドフォン)ポートに接続し、もう一方の端をステレオの入力ポートに接続します。ステレオの補助入力が赤と白のRCAの場合は、3.5mmコードのもう一方の端をRCAアダプターに接続してから、RCAアダプターの赤と白の端をステレオに接続します。

3

iPodとステレオの電源を入れ、ステレオの入力モードを「AUX」または「AUXILIARY」に切り替えます。iPodで目的のオーディオファイルまたはプレイリストを再生し、iPodの音量をほぼ中間点に調整します。必要に応じてステレオのボリュームコントロールを調整して、オーディオのボリュームを微調整します。