長期支払手形の利点

運転資金が必要な企業は、短期の支払手形または長期の支払手形のいずれかを通じてローンを取得できます。支払手形は、将来の特定の金額を支払うという約束手形です。短期支払手形は1年以内に支払われるのに対し、長期支払手形は1年後に支払われる。長期支払手形は、資金調達を求める企業にいくつかの利点を提供します。

所有権

会社の株式を売却するのとは対照的に、長期支払手形は会社の所有権を譲渡しません。貸し手は、ローンと利息を受け取ることだけを期待していますが、組織の株式所有権は受け取りません。借り手は、会社の株を売るのとは対照的に、資金がどのように使われるかについて貸し手に説明する義務はありません。

リスクの軽減

長期支払手形の金利が固定されている場合、支払いを計画して予算を立てることができます。これらのタイプのローンを返済するための時間枠はより長く、流動資産を拘束しません。これにより、ローンのデフォルトのリスクが軽減され、債務能力と企業の全体的な財務の安定性が向上します。

税額控除と自己資本比率

長期支払手形の利息は、会社の所得税から差し引くことができます。これにより、長期手形の支払いが魅力的な資金調達オプションになり、資本資金調達のコストが削減されます。規制当局は、企業がどのように資金を調達しているかを調べます。長期支払手形による負債の資金調達は、自己資本比率または株式の簿価を改善します。

事務処理が少ない

長期債務資本を調達するために、州および連邦当局に書類を提出する必要はありません。資本調達の方法として支払手形を使用することも、投資家や株主による事前承認や、収入と費用を詳述した長い四半期株主報告を必要としません。