プロモーションミックスに影響を与える要因

製品とサービスのプロモーションは、認知度を高め、製品とサービスを位置付け、顧客に購入を促します。広告は不可欠ですが、それだけが考慮事項ではありません。代わりに、全体的なプロモーションミックスには、個人販売、販売促進、広報、ダイレクトマーケティングキャンペーンも含まれます。最適なミックスを作成するための設定された基準や方法がないため、各企業はプロモーションミックスに影響を与える要因を考慮し、独自のカスタムプロモーション戦略を作成する必要があります。

製品指向の要因

製品またはサービスの性質とそれが製品ライフサイクル内のどこにあるかによって、購入を決定する前に顧客が必要とする可能性のある情報の量が決まります。たとえば、顧客は、新製品や、コンピュータ、自動車、家庭用暖房システムなど、本質的により複雑な製品を評価するときに、より多くの情報を必要とすることがよくあります。このような場合、広告、店内販売促進、個人販売がプロモーションミックスに大きく影響します。対照的に、一般的な広告と販売促進を含むプロモーションミックスは、食料品や衣料品などの一般的な日用品に適しています。

ターゲット市場と直接競争

製品を競合他社と差別化するプロモーションミックスを作成するには、企業が直接の競合他社が何をしているのかを知ることが重要です。ポジショニングとも呼ばれる製品の差別化は、競合他社と比較して、商品またはサービスの属性、価格、品質、または使用法について区別することに重点を置いています。ポジショニングは、ラインより上、ラインより下、または組み合わせのプロモーションミックスを使用して実現できます。上記のプロモーションミックスには、広報、テレビ、ラジオ、印刷物の広告が含まれることがよくあります。ダイレクトメールキャンペーンなどのダイレクトマーケティングの取り組みに焦点を当てたライン以下のプロモーションミックスは、特定のターゲットオーディエンス内に製品を配置するのに効果的です。

マーケティング戦略

製品のマーケティング戦略もプロモーションミックスに影響します。たとえば、プッシュ戦略のプロモーションミックスは、プルプロモーション戦略のプロモーションミックスとは異なります。プッシュプロモーション戦略は、需要を創出するために製品を顧客に提供します。このタイプの戦略では、直接販売とトレードプロモーションがプロモーションミックスのベースを形成します。プルプロモーション戦略は、顧客を引き込むことによって製品に対する消費者の需要を増加させようとします。このタイプの戦略では、製品の認知度を高めるマスメディア広告と製品プロモーションがプロモーションミックスのベースを形成します。

予算の割り当てとリソースの可用性

コストは、プロモーションミックスを決定する重要な要素です。年間のマーケティング予算、個々のキャンペーンの予算、および各販促ツールのコストはすべて、販促ツールを使用できるかどうか、およびどの程度使用できるかを決定する上で役割を果たします。たとえば、テレビ広告スポットの制作と運営にかかる高額な費用は、一部の事業予算の制限要因となる可能性があります。リソースの可用性は別の考慮事項です。新聞広告は適切な宣伝ツールかもしれませんが、小さなコミュニティでは利用できないオプションであるか、新聞の発行部数が低すぎる場合は効果がない可能性があります。