解雇の理由

従業員は中小企業のバックボーンとして機能し、顧客にサービスを提供するために必要な人材を提供します。中小企業の経営者は、従業員に面接して雇用し、ビジネスの管理、マーケティング、運営を支援します。彼らは企業文化、予算、人的資源のニーズに合った才能のある従業員を雇うよう努めていますが、中小企業の経営者は従業員を解雇する決定に直面することがあります。従業員はさまざまな理由で解雇されますが、その多くは会社や雇用主の期待によって異なります。

予算の削減

利益が減少している場合、または中小企業が投資家からの資金を欠いている場合、中小企業の所有者は彼らの完全なスタッフを維持する余裕がないかもしれません。その結果、彼らは予算を最大化するために従業員を解雇し始めます。解雇の決定は、従業員の立場が会社にとってどれほど重要であるかに基づいている場合があります。チームまたは特定の個人が利益低下の原因として特定された場合、終了の決定はそれらの要因に基づいて行われる可能性があります。

出席

雇用主は、従業員が病気、家族の死亡、休暇、さらには個人的な日のために時折休暇を取る必要があるかもしれないことを理解していますが、常に仕事を休んでいる従業員は解雇される可能性があります。頻繁な欠勤や遅刻は、生産性、利益、企業の士気に悪影響を与える可能性があります。これは、マネージャー、取締役、副社長、およびその他の会社の責任者がかなりの時間を逃した場合に特に当てはまります。また、会社の勤務スケジュールによっては、遅刻や勤務シフトが切れる前に退社することが多い従業員も解雇される場合があります。

パフォーマンス

従業員が会社で働くために雇われるとき、彼らは彼らが果たすことが期待される義務を概説する仕事の説明を与えられます。従業員が目標を達成できない場合、マネージャーは、従業員の業績が解雇を正当化するかどうかを決定することに直面します。パフォーマンスの低下には、目標の販売目標を達成できなかったり、プロジェクトの詳細を見落としたり、締め切りに間に合わなかったりすることまで、あらゆることが含まれます。割り当てられたタスクを実行するために必要な知識とスキルが不足しているために、従業員が解雇されることもあります。

態度と行動

従業員は、勤務先の会社、雇用主、同僚、ベンダー、およびクライアントに対して一定の敬意を払うことが求められます。顧客と話すときに冒とく的な表現を使用する、会社から盗む、会社の名誉を毀損する、オフィスで禁止されているWebサイトにアクセスする、さらには薬物やアルコールの乱用などの行動は、従業員が解雇される可能性のある否定的な行動です。