信用枠に対する税務上の影響

信用枠は、事業を継続するために定期的に現金の注入を必要とする中小企業にとって利点があります。資産ベースのローンを申請する代わりに、無担保の信用枠を要求することができます。あなたの承認は、金利と同様にあなたの信用格付けに基づいて行われます。与信枠は、ローンでは発生しない税のジレンマを生み出すため、与信枠に関連する税額控除の詳細をよく理解してください。

自動税額控除ではありません

事業信用枠の利息は、自動的に事業税控除の対象にはなりません。あなたはあなたがあなたのビジネスを運営するのに必要な機器、消耗品または他のアイテムを購入するためにお金を借りたことを示さなければなりません。その後、事業費として利息を請求することができます。税法の状態では、多くの中小企業の所有者は、内国歳入庁がそれを受け入れるかどうかを確認するために、クレジットラインで控除の請求を提出する必要があります。

ローンは収入ではありません

あなたはあなたがあなたの信用枠から得た現金を収入として数えません。それはあなたに迅速な現金注入を与えることができますが、あなたは本当にお金を借りています。あなたが借りた金額を返済するまで、あなたはあなたが請求された利子に対してのみ税金を支払うでしょう。毎年の終わりに、あなたはあなたの銀行にあなたのクレジットラインに請求されたすべての利息の年末の要約を作成するように頼むべきです。そうすればあなたはあなたの納税申告のためにこの数字を手に入れるでしょう。

個人経費の現金

あなたが個人的な費用のために現金を得るためにあなたのビジネスの信用枠を使うならば、あなたは利子の税控除を危険にさらすかもしれません。個人のクレジットラインは税控除の対象外であり、IRSが、ビジネスではなく自分の費用のためにクレジットラインからの資金を使用したと判断した場合、ビジネスの控除は許可されません。クレジットラインで支払うすべての事業費を記録しておくと、書類や領収書で控除をサポートできます。

減価償却費と控除額

クレジットラインを使用して機器を購入すると、二重の償却が発生する可能性があります。与信枠の利息は控除可能であり、設備を減価償却することもできます。このようにして、資産を購入するときと、ビジネスで資産を使用し続けるときの両方で税金を節約できます。これにより、機器を現金で購入した場合よりも税金を節約できます。