組織の変更を管理することの利点は何ですか?

あなたが中小企業を経営するとき、あなたは変化の準備ができていなければなりません。顧客のニーズ、市場の需要、およびサプライヤーの問題により、予期していなかったピボットが発生する可能性があります。その結果、チーム、顧客、およびパートナーがあなたとの方向性を調整できるように、組織に変更管理戦略を立てることが役立ちます。

結果に対する変更管理の利点

変更管理の最大の利点の1つは、組織内でより効果的なシフトを作成できることです。Prosciによると、組織がより良い結果を得たい場合は、変更管理計画を実施する必要があります。その結果、従業員の準備が整い、組織内にスキルのギャップがなくなり、プロジェクトがより成功するようになります。

変化がビジネスで管理されるとき、会社は遅れるのではなく、時代の先を行くことができます。会社の変更を実施するのにかかる時間は短縮され、変更のコストは事前に決定されます。

変化の価値を最大化するために、組織は最初に達成したい明確なビジョンを概説する必要があります。その目標を達成するために立ちはだかっている障害を評価することも重要です。たとえば、会社に変更を加えたり、変更を確認したりするために必要な特定の知識を備えた上級管理職が不足している場合、ピボットを開始する前にその役割を採用する必要があります。そうしないと、計画が期待したほど成功しないか、途中で放棄される可能性があります。

変更管理コストの管理

職場の変化の最も重要な利点の1つは、ビジネスが顧客と市場の需要をより効果的に満たすことができることです。しかし、結果が会社の期待と異なる場合はどうなりますか?多くの場合、多くのやり直しが必要であり、その結果、余分な費用と時間がかかります。企業が予算を抑えたい場合は、変更を効果的に管理する必要があります。

企業は、従業員の採用率が低いプロジェクトやプログラムにお金を使うことがよくあります。チームが変更を組み込んでいないため、期待したROIがわかりません。このリソースと時間の浪費を回避するために、企業は変更管理計画を従業員とオープンに伝達して、新しいプロジェクトやプログラムの背後にある理由を理解する必要があります。

従業員のストレスと不安を軽減する

従業員は、自分の仕事が危機に瀕している可能性があることや、組織の新しい展開に追いつくことができないことを恐れて、変更に抵抗することがよくあります。変更管理コーチによると、企業は社内の変更が従業員の士気、生産性、忠誠心、関与にどのように影響するかを理解する必要があります。トップタレントは変化の時期に会社を辞めたいのでしょうか、それとも彼らはコミットして計画を見抜く手助けをしたいのでしょうか?

従業員のストレスと不安を考慮した変更管理戦略は、企業が受ける抵抗の量を最小限に抑えるのに役立ちます。変更の理由、予想されるタイムライン、および望ましい結果について従業員に率直に話すことは、従業員が会社を理解し、協力し、協力するのに役立ちます。従業員は、変化を混乱と見なすのではなく、成長と発展の機会と見なします。

組織の価値を運用と整合させる

変更管理戦略には多くの理由がありますが、最も重要なことの1つは、変更が組織のコアバリューと一致するようにすることです。会社の使命、ビジョン、価値観は、すべての主要な戦略的決定を導く必要があります。社内に変化がある場合は、それが会社の価値観と一致していることを確認するのが最善です。そうでなければ、ビジネスは従業員、顧客、パートナーを失う可能性があります。

たとえば、企業のコアバリューに持続可能性が含まれ、変更に有毒化学廃棄物で知られるサプライヤーの使用が含まれる場合、その変更はビジネスの価値と一致しません。その結果、会社はこの変更が彼らが前進するための正しい方向であるかどうかを決定する必要があります。