Excelチャートでターゲットラインを作成する方法

Microsoft Excelを使用すると、独自の機能と詳細を使用して、特定のビジネスニーズに合わせたグラフやグラフを作成できます。たとえば、目標を表示するグラフにターゲットラインを追加して、データが希望どおりの場所にあるかどうかをすぐに確認できます。これを行うには、一連のデータを追加し、既存のグラフ内に2次折れ線グラフを作成する必要があります。

1

ターゲットラインは、実際の値を投影や目標などの理想的な値と比較する場合に最適に機能します。2列のデータを含むExcelワークシートから始めます。たとえば、最初のセルが空白で一連の年が表示されている1つの列と、一番上のセルに「収益」と表示されてから最初の列に年に対応するドルの収益額が表示されている2番目の列があります。

2

空白の列がまだない場合は、既存のグラフデータを含む2つの列の右側に列を挿入します。これを行うには、グラフデータを含む2番目の列の任意のセルを右クリックし、ドロップダウンメニューから[挿入]を選択し、[列全体]ラジオボタンをクリックして、[OK]をクリックします。

3

新しく作成された3番目の列の一番上のセルに、「ターゲット」またはターゲット値を識別する別の単語またはフレーズを入力します。

4

ターゲット列に、データの各行に対応するターゲット値を入力します。上記の例に従って、各年の収益目標を入力します。

5

クリックしてドラッグし、グラフデータを含むすべてのセルを選択します。

6

[挿入]タブをクリックし、[グラフ]グループの[列]をクリックして、最初の[2D列]オプションを選択します。これにより、各値の棒を示す棒グラフが作成されます。

7

チャートで、ターゲット値を表すバーを右クリックし、ドロップダウンメニューから[シリーズチャートタイプの変更]を選択します。

8

[グラフの種類の変更]ダイアログボックスで、左側の[折れ線]をクリックし、一連の[折れ線]グラフアイコンの最初のオプションを選択して、[OK]をクリックします。これにより、目標値がグラフの個々のバーから線に変更され、実際の値と予測や目標などの目標値を視覚的に比較できるようになります。