DOCXをTXTに変換する方法

Microsoft Word DOCXファイルは、さまざまなグラフィカル機能とフォーマット関連のオプションをサポートしています。これらは、ビジネスドキュメントのプロフェッショナルなルックアンドフィール、および情報の効率的な表示を提供するのに役立ちます。ただし、このようなドキュメントをクライアントや同僚と共有する場合、自宅や外出先でDOCXファイルを表示するための適切なツールが不足していることに気付くかもしれません。さらに、別のプログラムで使用するため、またはWord文書に実装されている過剰なコーディングを排除するために、プレーンテキスト形式のファイルが必要になる場合があります。このような場合、既存のDOCX形式からTXTバージョンを作成できます。

1

DOCXファイルをダブルクリックして、MicrosoftWordで開きます。または、[スタート]ボタンをクリックし、検索ボックスに「Microsoft Word 2010」と入力して、キーボードの「Enter」キーを押します。「ファイル」メニューの見出しをクリックしてから、「開く」をクリックします。次のダイアログウィンドウからドキュメントを見つけて開きます。

2

[ファイル]メニューの見出しをもう一度クリックし、[名前を付けて保存]をクリックして、DOCXドキュメントを新しい形式で保存します。

3

[ファイルの種類]ドロップダウンメニューをクリックして、[プレーンテキスト]形式を選択します。オプションで、[ファイル名]フィールドのドキュメントの名前を変更するか、現在の名前をそのままにしておくことができます。必要に応じて、左側のペインのエントリを使用して新しい宛先パスを参照します。それ以外の場合、MicrosoftWordはデフォルトでファイルをDocumentsフォルダー内に保存します。

4

「保存」をクリックして、既存のDOCXドキュメントのTXTバージョンを作成します。