QuickBooksの仕訳に在庫を記録する方法

QuickBooksは、在庫を追跡するためのいくつかの方法を提供します。すべてのメソッドは、在庫の変更が発生したときに仕訳を作成します。ただし、一部のQuickBooksユーザーは、在庫の変動を調整するために手動で仕訳入力を行うことを好みます。仕訳入力形式は、他の追跡システムよりも一部の会計士や小売店の所有者によく知られています。在庫の変更を仕訳に記録することを選択した場合は、仕訳に在庫調整を入力する前に、在庫の資産勘定を作成する必要があります。

新しい資産アカウントを作成する

1

QuickBooks画面の上部にある[リスト]タブをクリックします。「勘定科目表」を選択し、「新規」をクリックします。

2

ドロップダウンの新しいアカウントタイプメニューから[その他の資産]アカウントを選択します。

3

資産アカウントの名前を選択してください。アカウントに「在庫」という名前を付けるか、サブアカウントを作成して、追跡する在庫の種類を分類できます。

4

「OK」をクリックして、作成したアカウントを保存します。

仕訳を作成する

1

QuickBooks画面の上部にある[会社]メニューをクリックし、[会計士向け]を選択します。

2

ドロップダウンメニューから[一般仕訳入力の作成]を選択します。「アカウント」列から、調整する「在庫」資産アカウントを選択します。

3

調整を入力します。在庫の増加は、借方、または仕訳帳に負の値として入力する必要があります。在庫の減少は、クレジットまたはジャーナルに正の値として入力する必要があります。借方と貸方は混乱を招く可能性があります。本質的に、仕訳表記は、標準の財務表記の値とは逆です。

4

勘定科目表から新しい勘定科目を入力して、入力を相殺します。すべての仕訳入力は、別の勘定とバランスを取る必要があります。たとえば、在庫が減少した場合、その減少は商品の販売の結果である可能性があります。このトランザクションの一致するアカウントは、収益アカウントまたは収入アカウントになります。適切なアカウントを選択し、バランス調整を入力します。バランス調整は、在庫調整と同じ量である必要がありますが、表記が逆になります。この例では、実際には収益勘定が増加するため、調整を借方として入力します。

5

仕訳入力のバランスが取れており、追加の調整がない場合は、[保存して閉じる]をクリックします。