職場での告発に対処する方法

職場での違法行為で告発されると、あなたの評判や信頼を傷つける可能性があります。告発は、セクシャルハラスメント、窃盗、またはその他の不快な行動の疑いから生じる可能性があります。しかし、不正行為で誤って告発された場合は、問題を無視するのではなく、問題を解決し、評判を維持するように努めてください。

1

落ち着け。あなたの気性を失ったり、あなたを誤って非難した人を激しく非難したりすると、状況が悪化する可能性があります。質問に答え、事件に関する声明を提供することにより、告発を調査する会社をサポートします。雇用主は、問題の日にあなたの所在を質問し、アリバイの可能性について質問することができます。

2

誤解を取り除くために告発者にアプローチしてください。別のスタッフまたは上司が出席している場合は、告発者と非公開で話すように依頼してください。話の彼の側に耳を傾け、そして彼が話し終えたらあなた自身を説明してください。

3

告発者とのコミュニケーションを制限します。誤解を解決または解消できない場合は、雇用主が調査を完了するまで、この人との接触を制限してください。話したりコミュニケーションしたりしようとすると、状況が複雑になり、さらに苦情が出る可能性があります。

4

証人を探す。問題の事件の間に別の同僚がいた場合は、雇用主にそのことを伝えてください。あなたの雇用主はおそらくこの証人と話し、状況についての彼の見解を受け取るでしょう。

5

その問題に弁護士を巻き込んでください。雇用主または同僚があなたを犯罪行為で告発した場合、その進め方については弁護士に相談してください。