リーン生産方式の実装に関する重要な問題

リーン生産方式は、自動化と運用効率の継続的な改善を通じて、無駄を最小限に抑え、コストを削減することに重点を置いています。リーン生産方式は、統合された技術システム、高度な訓練を受けた従業員の小規模な労働力、および企業文化の根本的な変化に依存しています。これらの要素はそれぞれ、真に効率的なリーン生産方式を実現するために克服しなければならない明確な課題を提示する可能性があります。これらの重要な問題を理解することは、独自の無駄のない実装計画を作成するための重要な構成要素です。

サプライチェーンの問題

リーン生産方式には、入荷する材料と出て行く製品の保管時間を最小限に抑えるか、ほぼなくすことが含まれます。ジャストインタイムの注文システムを実装することは、原材料が運用上の需要を満たすのに最適な速度で常に入ってくることを保証するために必要です。これには、2つの会社間で自動注文と注文処理システムを統合する場合でも、サプライヤーとの緊密な調整が必要です。両社のプロジェクトマネージャーは、実装プロジェクトのそれぞれの側面を管理しながら互いに調整する必要があるため、この種の緊密な運用協力は多くの問題を引き起こす可能性があります。同じことが発信側にも当てはまります。ジャストインタイム注文システムでビジネス顧客にサービスを提供するには、ビジネスがジャストインタイムサプライヤーとして機能する必要がある場合があります。頻繁かつ自動的に注文を処理します。

従業員の育成

既存のビジネスにリーン生産方式を実装すると、越えなければならない人材ギャップが生じます。自動化された生産および品質管理システムを維持しながらサプライチェーンの問題を管理するために必要な技術インフラストラクチャには、従来の組立ラインのセットアップよりも多くの教育と訓練を受けた従業員が必要です。リーン生産方式では、高度なスキルと教育を受けた従業員が、自動化された生産技術のレイアウトを定期的に検査、修理、設計する必要があります。技術系の従業員は、そのようなシステムを運用および保守するために安全認証と特別なライセンスを必要とする可能性が高く、一般労働者の従業員よりもはるかに高い報酬を要求します。

文化的問題

リーン生産方式になると、製造組織での作業方法に革命的な変化がもたらされます。リーン生産方式を実装するには、より少ない数の従業員がより広い範囲の責任を引き受ける必要があり、正式な職務記述書の境界線が曖昧になります。これには、廃棄物削減への厳格で意味のある取り組みが含まれます。これは、従業員の使い慣れた作業プロセスを変更することを意味します。コスト、生産時間、無駄を削減する行動やアイデアに報いるために、インセンティブやボーナス構造を作り直す必要があります。これには、上級管理職から最前線の機械オペレーターまで、企業のすべてのレベルで真の賛同が必要です。リーン生産方式の開発を成功させるには、関係者全員の真のコミットメントが必要です。

技術的課題

リーン生産方式では、新しい生産システムから、組立ラインの品質向上を監視するための統計分析ソフトウェアまで、テクノロジーへの多額の先行投資が必要になる場合があります。リーン生産方式として成功するには、適切なシステムを選択することが重要です。これは、ビジネスの継続的な効率的な運用をシステムに依存するためです。リーンビジネス慣行の信条の1つは、可能な限り自動化することであり、これまでよりもテクノロジーへの依存度を高めます。