InDesignで回転する方法

Adobe InDesignを使用して会社またはそのクライアントのレイアウトを準備している場合、テキスト、グラフィックス、および画像を、回転した要素を含むコンポジットに組み合わせることができます。写真やグラフィックの回転バージョンを他のアプリケーションで作成し、これらの回転バージョンをInDesignに配置することもできますが、プログラムには、小数点以下3桁までの数値精度でレイアウトコンポーネントを任意の角度に回転するために使用できるツールとオプションが用意されています。

1

AdobeInDesignツールバーの選択ツールをアクティブにします。ツールアイコンをクリックするか、「V」キーを押します。

2

回転させたいレイアウト要素をクリックします。Shiftキーを押しながらクリックして複数の個別のオブジェクトを選択範囲に追加するか、アイテムの周囲にマーキーを押して複数のオブジェクトを同時に選択します。

3

InDesign画面の上部にあるオプションバーの[回転角]データ入力フィールドに数値を入力するか、[回転角]ドロップダウンメニューを使用してプリセット値を選択します。180までの正の数を使用して反時計回りに回転し、マイナス180までの負の数を使用して時計回りに回転します。InDesignが正しく再解釈する0から360、または0からマイナス360までの値を入力することもできます。

4

ツールバーの[回転]ツールをアクティブにして、アイテムが回転する中心点を設定し、境界の外側を目的の方向にドラッグしてアイテムを手動で回転させます。中心点は、90度の角度で4本の十字線で囲まれた円として表示されます。オブジェクトの境界の内側または外側の任意の場所にドラッグして、回転の原点を確立します。

5

回転ツールをアクティブにし、Altキーを押しながらクリックして[回転]ダイアログボックスを表示します。Altキーを押しながらクリックした点が、回転操作の中心になります。ダイアログボックスに回転角を入力し、「OK」ボタンを押して操作を完了します。回転した複製オブジェクトを作成するには、[OK]ボタンの代わりに[コピー]ボタンをクリックします。コミットする前に、[プレビュー]チェックボックスを使用して、回転操作のプレビューをアクティブまたは非アクティブにします。

6

直接選択ツールをアクティブにし、画像をクリックして、フレームではなく画像自体を選択します。これにより、フレーム内で写真やグラフィックを回転させることができます。「A」を押すと、キーボードから直接選択ツールにアクセスできます。