水平統合型企業とは?

企業が一定の成功を収めると、利益を拡大して増やす方法を検討し始めることがよくあります。企業が拡大できる基本的な方法は、垂直統合と水平統合の2つです。水平統合と垂直統合の両方が、拡大を目指す企業に長所と短所を提供します。水平統合は、間違いなく、初期資本生産を少なくする必要がありますが、会社の長期的な利益も少なくなる可能性があります。

バリューチェーン

水平統合を理解するには、「バリューチェーン」の意味を理解する必要があります。バリューチェーンとは、製品やサービスがエンドユーザーに届く前に生産や組み立てのさまざまな段階を通過するときに、その価値がどのように増加するかを説明するビジネスモデルを指します。宝石は、バリューチェーンの概念を説明するために使用できます。生の宝石は価値がありますが、カット、研磨、リングにセットされた最終製品ほど価値はありません。プロセスの各段階のコストは、製品の付加価値よりも大幅に低いため、各段階はバリューチェーンの一部です。

水平統合

水平統合は、バリューチェーンの同じレベル内にある追加の事業活動への拡大によって達成されます。宝石を例にとると、卸売りの宝石商は、会社を水平統合しようとして、別の卸売りの宝石商を買収または合併することができます。ダイヤモンドブローカーは、ダイヤモンドと一緒に他の宝石をブローカーすることを決定することによって、水平方向の拡大を行うこともできます。

垂直統合

一方、垂直統合は、ビジネス活動をバリューチェーンの上流または下流部分に拡大することによって実現されます。ダウンストリームとは、会社を離れた後、または消費者に近いバリューチェーンの段階を指し、アップストリームとは、会社に到達する前、または消費者からさらに離れた段階を指します。たとえば、卸売りの宝石商は、ダイヤモンドをカットする会社を下流の垂直統合として購入したり、小売の宝石店を上流の垂直統合として購入したりできます。

考慮事項

水平統合の最大の潜在的な利点の1つは、潜在的な落とし穴でもあります。水平統合の結果として市場支配が発生する可能性があります。ただし、市場での優位性が高すぎると、企業は独占禁止法上の問題に直面する可能性があります。さらに、垂直方向よりも水平方向に拡張する方がコストがかからない場合がありますが、原則として水平方向に拡張する余地も少なくなります。