会社の携帯電話の償還方針

携帯電話の使用は、多くの種類の作業の要件です。一部の中小企業は、従業員に携帯電話を提供し、限られた量の個人使用を許可していますが、他の企業は、従業員に通話料金と月額契約料金の一部またはすべてを払い戻すことを好みます。2011年9月、内国歳入庁は携帯電話の償還方針に関する税務ガイドラインを発行しました。このガイドラインは、あらゆる規模の企業が法律を遵守し続けるために従わなければなりません。

通話の償還

会社の携帯電話の償還方針は、いくつかの方法で機能します。1つのオプションは、会社が実際のビジネスコールの価値のみを払い戻すことです。この種の償還方針では、従業員は毎月自分の携帯電話アカウントのコピーを提出し、ビジネス目的で行われた通話を強調し、通話の受信者とその理由を記録します。会社は、小切手による支払い、または次の期間の報酬にその払い戻し額を加算することによって、従業員に払い戻しを行います。この形式の払い戻しは、従業員に課税されず、携帯電話の保守費用をカバーしません。

毎月の契約範囲

従業員が実質的な「非補償的」ビジネス目的で携帯電話を使用する場合、たとえば会社がいつでも彼に連絡できるようにする場合、雇用主は毎月の携帯電話契約の全額と費用を払い戻すことができます。呼び出します。あるいは、従業員が通話料金を含む携帯電話プランを持っていて、これらの通話が実質的にビジネス目的で行われた場合、プランの全費用を払い戻すことができます。払い戻し額が携帯電話アカウントの合計額を超えない限り、払い戻しは課税されません。このポリシーでは、会計目的で毎月の携帯電話の明細書を提出する必要もあります。

異常な償還

企業は、毎月の明細書を記録せずに毎月の携帯電話アカウントの全額を払い戻すべきではありません。これは、異常な払い戻しまたは課税対象のフリンジベネフィットと見なされる可能性があるためです。全額償還を提供する方針を持つ企業は、償還が追加の賃金または収入を構成するかどうかを判断するために、携帯電話の費用の大部分がビジネスに発生するかどうかを明確に識別する必要があります。償還額が月額100ドルを超える場合、IRSは、それが追加所得であるかどうかを判断するために綿密な調査を行うことをお勧めします。償還の形で。

賃金の交換

IRSは、従業員に追加の収入を提供する方法として使用される会社の携帯電話の償還方針、および賃金の一部の代わりに償還を提供する方針に憤慨しています。このタイプのポリシーは、低賃金で支払われる税金を削減し、従業員が詳細な情報を含む月次明細書を提出した場合でも、払い戻しは課税対象となります。すべての携帯電話の償還方針の場合、会社は従業員から毎月の携帯電話の請求書の詳細なコピーを入手して、償還の理由の財務記録として保管する必要があります。