ソニーサイバーショットでシャッタースピードを変更する方法

他のカメラと同じようにソニーサイバーショットでは、適切な露出が素晴らしい写真の鍵となります。絞り、レンズ開口部のサイズ、シャッタースピード、センサー感度が完全に調和していると、良好な露出が得られます。その結果、目に見えるハイライト、詳細なシャドウ、および細かいカラーバランスを備えた画像が得られます。サイバーショットの多くのカメラは露出設定の手動調整を許可していませんが、新しいモデルのほとんどは許可しています。商業写真家として始めたばかりの場合、サイバーショットは許容できる結果をもたらします。

1

カメラの電源を入れます。カメラ本体の右上にあるモードダイヤルを見つけます。このダイヤルを使用すると、プログラム、絞り優先、シャッター優先、手動モードを切り替えることができます。

2

シャッター優先の「S」位置にダイヤルを回します。このモードでは、カメラが他の露出設定を選択している間、希望のシャッター速度を設定する必要があります。

3

カメラ背面上部のダイヤルを回して、シャッタースピードを希望の値に調整します。1/250秒以上の速いシャッター速度では速い動きをフリーズでき、1/60秒以下の遅い速度ではショットに芸術的なモーションブラーが追加されます。ほとんどの新しいモデルは、最大1/2000秒以上の速度で撮影できます。

4

カメラ上部のシャッターボタンを押すと、撮影モードに戻ります。新しいシャッタースピードを試すために、いくつかのテスト写真を撮ります。