発生主義会計における広告費の計算方法

発生主義会計では、費用は、企業が勘定を決済するときではなく、企業がその責任を負うようになったときに認識されます。会社は、光熱費などの一部の費用を延滞で支払い、その他の費用(保険や広告など)を前払いする場合があります。あなたのビジネスが複数の会計期間に関連する広告契約を結んでいる場合、その期間のあなたの収入に対して支出を一致させるという会計原則に準拠するために、各会計期間の終わりにあなたのアカウントの費用を調整する必要があります。

1

全額の請求書を前払い費用として転記します。たとえば、あなたの会社は、雑誌の毎月の広告を6か月間合計1,200ドルで購入することに同意しました。前払いの費用を$ 1,200で借方に記入し、買掛金を$ 1,200で貸方に記入して、請求書を記録します。

2

総広告費を契約の月数で割って、月々の広告費を求めます。この例では、$ 1,200を6で割ると月額$ 200になります。

3

毎月調整エントリを転記して、費用を増やし、資産を減らします。この例では、月末の手続きの一環として、広告費勘定に200ドルを借方に記入し、前払い費用に200ドルを貸方に記入します。