職場での専門能力開発を促進する方法

エンゲージメントと忠実な従業員を引き付け、維持することは、ビジネスの成功に不可欠です。スタッフの離職率が高いと、生産が中断され、企業の収益性に影響を与えます。スタッフを維持し、従業員のスキルを育成するための優れた方法は、専門能力開発活動を一貫して積極的に推進することです。専門家としての成長を奨励することは、チームの進歩と将来を気にかけていることを示し、従業員の忠誠心を刺激します。

サポートとモデルの動作

上司と職場のリーダーは、職場の従業員のロールモデルとして機能します。あなた自身の専門能力開発活動に積極的な役割を果たし、あなたがあなたのキャリアを促進するためにこれらの機会を大切にしていることをスタッフに知らせてください。オンラインコースや特別プロジェクトに参加している各従業員の進捗状況に関心を示し、スタッフや営業会議で成功を共有します。あなた自身の参加により、専門家団体または組織への従業員の登録を奨励してください。

クロストレーニング作業の割り当て

OJTは、職場での専門能力開発を促進するための伝統的かつ効果的な方法です。従業員が自分の役割に必要なタスクを習得したら、補完的なポジションのスキルを学ぶ機会を提供します。クロストレーニングは従業員を引き付け、他の機会を与えるのに十分なほど彼らの仕事を大切にしていることを示します。休暇や病欠による欠勤を補うために臨時スタッフを雇うことを回避するのに役立つため、さまざまな役割を果たす従業員を育成することもビジネス上理にかなっています。

リソースへのアクセス

さまざまなリソースを使用して、スタッフに専門能力開発の機会を提供します。トレーニング資料とチュートリアルのDVDまたはオンラインビデオライブラリを作成します。オンサイトワークショップまたはセミナーを手配します。昼食会を主催し、ゲストスピーカーと一緒にあなたの分野の現在の問題と新しい開発について学びます。スタッフ間の非公式または公式のメンタリングおよびピアコーチングの関係を調整し、参加します。関心のある従業員が他のリソース資料にアクセスして、専門的およびキャリア開発を促進するのを支援します。

コーチングと開発

パフォーマンス計画中の専門能力開発をサポートするために、各従業員と一緒にカスタマイズされた開発計画を作成します。チームの各メンバーに、取り組みたいスキルまたは領域を少なくとも1つ特定するように依頼します。スタッフとスーパーバイザーは協力して、適切な機会と完了のタイムラインを特定できます。進捗状況について話し合い、従業員が質問できるように、定期的なコーチングまたはメンタリングセッションをスケジュールします。