職場行動方針のアイデア

職場行動方針は、良好な業績を促進し、従業員の権利も保護します。中小企業の所有者は、スタッフの正式な行動ガイドラインを設定することにより、職場の問題を回避します。このポリシーは、地方、州、および連邦の雇用法を満たしながら、従業員に期待される基本的な行動を対象としています。あなたのビジネス上の利益を保護するために、個人的な正式なハンドブックを受け取ることを認める宣言に署名するようにスタッフに依頼してください。

電子機器の使用

中小企業の行動マニュアルに電話とコンピューターの使用を規制する規則を含めると、スタッフに明確なガイドラインが作成されます。会社が個々のワークステーションでコンピューターまたは電話にアクセスできない場合でも、コンピューターとオンラインの使用を規制する標準を確立することで、インターネットにアクセスできる携帯電話、ラップトップコンピューター、およびタブレットの個人的な使用に関する議論を回避できます。スケジュールされた勤務時間中にビジネス指向のサイトを除くすべてのWebサイトへのアクセスを制限する特定の会社のポリシーは、スタッフが仕事中にソーシャルネットワーキングサイトを閲覧することを思いとどまらせます。

予定された休憩、病気と休暇の時間

会社のハンドブックに会社の作業ガイドラインを記載することで、休憩と昼食の方針に関する論争を回避できます。連邦労働法はスタッフに昼食や休憩を要求していませんが、州法と労働組合協定がこれらの休憩を義務付けている場合があります。これらの休憩を提供しないことは、組合の指導者や州の規制当局からの法的挑戦を意味するかもしれません。あなたの会社が休憩と昼食の時間を提供している場合、連邦法は残業代を計算するときにワークステーションから離れて過ごした時間を使用することを義務付けています。たとえば、週40時間の労働時間を計算するには、昼食と休憩を含める必要があります。そうしないと、従業員は連邦法に基づいて残業の資格を得ることになります。病気のために仕事を休む日、休暇、休暇の時間についての中小企業の方針を含めると、従業員のための明確なガイドラインも確立されます。

喫煙ポリシー

中小企業は州、郡、地方の喫煙条例を満たさなければならず、これらの規制を会社の行動ハンドブックに含めることで、喫煙を扱う際の詳細な基準が提供されます。条例で喫煙が許可されている場合でも、企業は喫煙を禁止したり、指定された地域に喫煙を制限したりする権利があります。地域の法律で喫煙が許可されている場合、中小企業は会社のすべてのスタッフエリアでの喫煙を許可する権利もありますが、このポリシーにより、中小企業は健康問題についてスタッフからの潜在的な訴訟にさらされます。特定のガイドラインを備えた会社の方針を記載した書面の作業マニュアルは、オフィスに喫煙スタッフと禁煙スタッフの両方がいる場合のあいまいさや潜在的な従業員の対立を回避します。

重大な行為の違反の執行

公正労働基準法に基づく連邦法および州法は、給与と労働時間を規制していますが、行動を規制する特定の法律に違反する従業員に対する可能な罰則の選択肢も定義しています。 FLSAは、行為違反を「セクシャルハラスメント、暴力、薬物またはアルコールの違反、または州法または連邦法の違反などの重大な職場の違法行為」と定義しています。包括的な職場行動マニュアルには、FLSA法の対象となる規則の正確な文言を含める必要があります。従業員が連邦法に違反した場合のあいまいさを回避するには、従業員の停職時間を記載し、スタッフハンドブックに各行為違反について経営陣に公開されているポリシーを適用します。