従業員のトレーニング不足の影響

新入社員や現職社員に質の高いトレーニングを提供しない企業は、個々の従業員の成長だけでなく、ビジネス自体の進化にも悪影響を及ぼします。従業員教育に投資する事業主は、企業の売上を伸ばし、ブランドを強化し、中小企業を成長企業に変えるのに役立つ、有能で意欲的な労働力の恩恵を享受します。

パフォーマンスの低下と悪化

適切なトレーニングを受けていない従業員は、パフォーマンス基準を満たすのが難しい場合があります。あなたの労働者の何人かは自発的で、彼らの仕事をより良くする方法を学ぶために彼ら自身にそれを引き受けるかもしれませんが、他の人はこの種のイニシアチブを持っていないかもしれません。その結果、彼らは試行錯誤によって、またはさまざまなレベルの能力の同僚を模倣することによって学習することになる可能性があります。平凡なパフォーマンスは、従業員の士気を損なうだけでなく、ビジネス全体に悪影響を及ぼします。

従業員の育成の欠如

新しい従業員を雇うプロセスは費用がかかる可能性があり、新しい雇用があなたの会社に適しているという保証はありません。このため、多くの企業は、社内から従業員を昇進させることができる可能性を高めるために、教育とトレーニングの機会を提供しています。従業員の育成に投資しない場合、現在の従業員は、監督職、幹部職、または高度に技術的なタスクを引き受けるために必要なスキルを開発できない可能性があります。現在の労働力が停滞している間、外部の才能を引き付けるためにより多くのお金を費やすことになります。

業界の地位の低下

従業員がセミナー、クラス、業界イベントへの参加を通じて継続的に学習している場合、従業員はあなたの会社を業界のトレンドの最先端に保つことができます。トレーニングへの投資を怠ると、業界との関連性がほとんどない回廊のビジネスになる可能性があります。ビジネスの競争力を維持したい場合は、従業員が業界の同僚から学び、一緒に学んでいることを確認してください。

法的影響

従業員を適切に訓練しないと、個々の従業員に影響を与えるだけでなく、会社全体にリスクをもたらす可能性があります。従業員によるミスは、訴訟、罰金、場合によっては過失犯の罪に問われる可能性があります。

不十分な従業員トレーニングがあなたの会社に法的責任と広報災害をもたらす可能性がある方法のいくつかの例を次に示します。

  • 十分な訓練を受けていない従業員は、職場で基本的なOSHA基準を順守できず、複数の従業員を負傷させる重大な事故につながる可能性があります。

  • ヘルスケアプライバシー法の基本を理解していないヘルスケア用品事業のカスタマーサービス担当者は、電話メッセージを配信しながら、顧客の健康状態を第三者に開示します。

  • 連邦または州の差別禁止法を理解していない監督者は、障害のある労働者に合理的配慮を提供することを拒否します。

ほとんどの中小企業は、長い法廷闘争と戦ったり、PR危機を管理したり、政府機関による複数の調査に耐えたりするためのリソースを持っていません。労働者が適切なトレーニングを受けることを保証することは、従業員への投資だけでなく、ビジネス自体も保護します。