監査意見書の種類

監査は、中小企業に事業または財務業務に関する第三者の意見を提供します。ビジネスにおける一般的なタイプの監査は、会計監査です。事業主は、公認会計士または公認会計士(CPA)を利用して、財務情報を確認し、会社の運営に関する意見を発表します。監査意見は通常、外部監査とともに発行されます。この文書は、社内外のビジネス関係者がビジネスまたは投資の決定を行うために使用する公式の意見を表しています。ビジネスでは、4種類の監査レポートが一般的です。

資格なし

資格のない監査意見は、監査人が会社の財務情報に重大な違反や虚偽表示を見つけることができなかったことを示しています。このレポートの別名は、患者のクリーンな健康法案との比較であるクリーンな意見です。監査人は通常、一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)に従って財務情報を記録する会社の能力を参照してこのレポートを作成します。レポートには、監査がどのように実施され、どのような情報がレビューされたかの簡単な要約も含まれる場合があります。

認定済み

適格な監査意見書は、監査人が会社の財務情報に問題を発見したことを示しています。これらの問題は、監査人が会社の運営について明確な意見を出すことを妨げています。適格な監査意見には、多くの場合、2つの特定の資格のうちの1つがあります。最初の資格は、GAAPからの単一の逸脱を表しています。これは、企業がGAAPを不適切に適用しており、会社の財務諸表が標準的な会計原則に準拠していないことを示しています。もう1つの条件は、範囲の制限です。範囲の制限は、監査人が会社の財務諸表に関連する1つ以上の領域をレビューできないことを示しています。この資格は、監査人によってレビューされていない財務情報にのみ関連しています。

有害

反対意見の手紙は、2つの著しく否定的な監査報告書の1つです。反対意見は、監査人が財務情報に関連する重大な虚偽表示を発見したことを示しています。これらの虚偽表示は通常、財務諸表がGAAPに準拠しておらず、情報が不正確または信頼できないことを意味します。銀行や貸し手は通常、監査意見が不利な企業を避けます。重大な欠陥のある財務情報は、会社の財務状態を正確に表していない。

免責事項

免責事項監査意見書は、企業が受け取ることができる最悪の監査報告書です。監査人は、会社の財務諸表に関して意見を述べることができないことを示す免責事項の手紙を発行します。監査人はまた、会社の財務諸表に対する意見の発表を拒否する場合にも免責事項を使用します。免責事項の意見は、監査人がクライアントからの独立性を欠いている場合に生じることがよくあります。監査人が監査と併せて経営諮問サービスを提供する場合、独立性の欠如が発生する可能性があります。これにより、監査人が会社の財務情報について明確な第三者の意見を述べることができなくなります。監査範囲の重大な制限(会社の財務情報全体を確認できない)または近い将来破産を申し立てる可能性のある会社も、監査免責事項の意見を受け取る可能性があります。