会社やビジネスにおけるリーダーシップの長所と短所は何ですか?

中小企業は、多くの場合、単一の起業家がビジネスのすべての側面を管理する個人事業主として始まります。単独での操作を実行するのは難しい場合がありますが、それは物事を単純に保ちます。所有者は従業員の指導や管理について心配する必要がありません。個人事業主はまた、起業家が管理に対処することなく、ビジネスに直接関連するタスクに集中することを可能にします。ただし、中小企業が成長するにつれて、所有者は最終的には作業負荷の増加を支援するために労働者を雇う可能性があります。その時点で、事業主はリーダーになるために移行する必要があります。また、リーダーになることの長所と短所を理解する必要があります。つまり、リーダーシップの限界を知り、これらの限界を念頭に置いて行動する必要があります。

短所:タスクの実行に時間がかかる

リーダーシップの制限の1つは、従業員に必要なリソースとトレーニングを確実に提供することは、生産的な活動ではないということです。職務を確実に遂行するためには、労働者の指導や指導に時間を費やすことが不可欠ですが、管理職はリーダーとして行動しながら実際に商品やサービスを生産することはありません。数人の従業員を雇う起業家は、リーダーシップのタスクを実行するために費やす時間が、クライアントとのコミュニケーションや販売に費やす必要のある時間に短縮されることに気付くかもしれません。場合によっては、ビジネスオーナーは、これらのタスクの一部を処理するために管理者を雇うことによって、このリーダーシップの制限を処理します。ただし、欠点は、高品質の管理者は高価であり、企業の予算を圧迫する可能性があることです。

短所:個性の衝突を助長する

リーダーであることの長所と短所について考えるとき、リストの上位にあるのは、リーダーと部下が常に目を合わせているとは限らないという事実です。これは、職場が常に一致するとは限らないさまざまな個性を備えているため、避けられないリーダーであることの長所と短所の1つです。実際、対立する視点から生まれる良いアイデアのために対立で繁栄する企業もありますが、ほとんどの企業の問題は、労働者がリーダーとは関係がないと感じ、「私たち対彼ら」の精神が発達する可能性があることです。 。マネージャーと従業員の間の意見の不一致は、時間を浪費し、生産性を低下させる紛争につながる可能性があります。マネージャーは、優れた人材スキルを持ち、リーダーシップのスタイルをさまざまな従業員の個性に合わせることができる必要があります。

利点:生産性の向上につながります

リーダーシップの利点の1つは、リーダーがタスクを効率的に委任できれば、労働者の生産性を向上させることができることです。優れたマネージャーは、さまざまな従業員の長所と短所を判断し、それに応じて作業を委任することができます。効率的な分業は、より高い仕事量をもたらす可能性があり、最終的にはより高い売上とより高い利益をもたらします。一方、効果のないリーダーシップは生産性を低下させる可能性があります。たとえば、マネージャーが簡単なタスクを実行することを決定し、難しいタスクを従業員に委任した場合、生産性が最適化されない可能性があります。ただし、各従業員のスキルと才能に合わせた作業タスクを割り当てる方法を理解しているリーダーは、多くの場合、従業員がそれらのタスクをより効率的に達成することに気付くでしょう。

利点:従業員の士気を高める

リーダーシップの利点は生産性だけではありません。健全なリーダーシップは従業員の士気を向上させ、労働者を会社により忠実にすることができるからです。忠実な従業員は上司を信頼しており、厳しい時期にはもっと一生懸命働き、会社にとどまることをいとわないかもしれません。新しい労働者の採用と訓練には費用がかかる可能性があるため、優れたリーダーシップを通じて高い士気を育むことは、収益に影響を与える可能性があります。良い士気は、従業員の所有感と忠誠心を育むため、リーダーシップの最大の利点の1つです。