消費税の許可を取得する方法

物理的な場所から有形の商品やサービスを販売することを意図している新しいビジネスの場合、消費税の許可を取得することは、ビジネスの立ち上げプロセスの一部です。消費税の徴収と追跡は、企業の最初の該当する販売から開始する必要があります。州、郡、地方自治体は、重要なサービスに資金を提供するために消費税収入に依存しています。したがって、消費税を支払わない企業は、事業の停止を含む厳しい罰則の対象となる可能性があります。

許可が必要な人

一般に、州では、いくつかの条件を満たす場合、消費税または販売者の許可を取得する必要があります。個人事業主、パートナーシップ、法人、LLC、またはその州の他の事業体として事業を運営する必要があります。あなたの会社は、その州の顧客に動産を販売するか、課税対象のサービスを提供する必要があります。あなたのビジネスが商品を小売りするならば、あなたは消費税許可を必要とします。あなたのビジネスが消費税を徴収する場合は、消費税の許可が必要です。他の業界の場合、またはビジネスに許可が必要かどうかわからない場合は、州の会計監査人または歳入局に確認してください。

適用する方法

州は事業主に売り手の許可を発行し、顧客から消費税を徴収し、州に売上税と徴税を報告できるようにします。テキサスやカリフォルニアを含むほとんどの州では、オンラインで消費税の許可を申請できるようになりました。個人事業主として事業を行う場合は、社会保障番号、生年月日、州または連邦発行の写真付き身分証明書のコピーを提出する必要があります。

適用に必要な項目

あなたの事業が法人またはLLCを含む別個の法人である場合は、会社の名前、納税者番号、および設立または組織の日付と状態を提供する必要があります。テキサスのような一部の州では、企業は銀行の名前と場所、サプライヤーの名前と住所、会計士または簿記係の名前と住所、参照、予想される売上税と売上税も提供する必要があります。州の消費税申請書を確認するか、州の会計監査人に確認してください。

完全なファイル申請

アプリケーションを完全に完成させます。アプリケーションは、ビジネスの場所、業界、および所有者に関する情報を要求します。部分的に完了したアプリケーションは、プロセスを遅らせる可能性があります。所有者または管理メンバー、取締役または役員が署名する必要があります。合名会社を運営する場合は、すべてのパートナーが署名する必要があります。その他の署名者は通常、委任状または書面による決議による確認が必要です。申請書に署名して提出してください。ほとんどの州は売り手の許可を請求しませんが、事業に滞納税の履歴がある場合は、保証金が必要になる場合があります。ほとんどの州では、完成した申請書を受け取ってから4〜6週間以内に許可証を郵送します。

注意

あなたの州の消費税法をよく理解し、あなたの権利と責任を認識してください。消費税は郡によって異なるため、郡の税率で顧客の消費税を査定する必要がある場合があります。郡ごとの消費税率を決定および評価するプロセスは面倒な場合がありますが、ほとんどの州には、プロセスを大幅に簡素化するダウンロード可能なソフトウェアまたはデータベースがあります。