会社が使用できる減価償却方法の種類

中小企業を経営している場合、機器の減価償却は、税金の節約を通じて購入コストを相殺するのに役立ちます。資産の減価償却を処理するときに、使用する方法を選択できます。あなたのビジネス構造とあなたの好みに応じて、1つの方法があなたの状況に最適な選択かもしれません。

定額法による減価償却

企業が使用する最も一般的な方法の1つは、定額法による減価償却です。定額法では、資産の耐用年数にわたって毎年同じ金額の減価償却を行います。たとえば、ある機器のコストが120,000ドルで、5年間続き、残存価額が20,000ドルの場合、減価償却額を5年で均等に除算します。この場合、5年間、毎年20,000ドルの減価償却費がかかります。

倍額定率

減価償却のもう1つの方法は、倍額定率法です。このアプローチは加速償却法の一種であり、資産の最初の数年間は減価償却が大きくなり、後年は減価償却が少なくなります。このオプションでは、毎年プロパティを減価償却するパーセンテージを選択します。会計原則によれば、「定率の固定パーセンテージ(つまり、200パーセントまたは「2倍」)に資産の残りの簿価を掛けます」。

年の合計法

資産の減価償却に使用できるもう1つの方法は、年数の合計法です。これは別の加速償却方法であり、フロントエンドでより大きな控除が発生します。このオプションでは、プロパティの値に端数を掛けて、その年の減価償却額を決定します。分数の分子は所有年です。たとえば、耐用年数が5年の物件の場合、分子として5を使用します。分母は年の桁の合計です。たとえば、5年のアイテムの場合、5、4、3、2、1を合計して15を取得します。これにより、端数は15分の5になり、3分の1に減らすことができます。

考慮事項

あなたのビジネスのための減価償却方法を選ぶとき、あなたは税の影響を考慮しなければなりません。短期的にもっと大きな税額控除を希望する場合は、倍額定率法または年数の合計法を使用する方が理にかなっている可能性があります。税額控除を均等に配分したい場合は、定額法を使用するのが理にかなっています。特定のアイテムに1つの方法を使用し、別のアイテムに別の方法を使用することもできます。