サービスパートナーがビジネスにとって重要である理由

サービスパートナーは、中小企業の成長または効率に不可欠な会計、マーケティング、製品開発、保守、トレーニングなどのサービスを提供する会社です。サービスパートナーは、ビジネスにないスキルやサービスを提供することで、リソースを補完する機会を提供します。これは戦略的パートナーシップと呼ばれます。パートナーは、特定のサービスを自分のスタッフよりも効率的に実行することで、コストを削減することもできます。このプロセスはアウトソーシングとして知られています。

戦略的パートナーシップ

戦略的パートナーは、顧客に追加の製品やサービスを提供できるようにすることで、ビジネスの成長を支援できます。たとえば、製品開発会社と提携することで、提供する製品の範囲を広げることができます。あなたのパートナーはあなたが内部で扱うことができない製品開発を行います。メンテナンス会社やトレーニングコンサルタントとの提携により、お客様に幅広いアフターサービスを提供することができます。サービスパートナーがお客様に代わってサービスを提供します。これにより、競争上の優位性が高まり、追加の収益源も提供されます。

アウトソーシング

サービスパートナーは、自分のスタッフでは効率的に処理できないタスクを引き受けることができます。特定の仕事を効率的または専門的に実行するスキルがない場合や、スタッフを使用して他の重要なタスクに集中することを好む場合があります。たとえば、マーケティング業務をコンサルタントや代理店にアウトソーシングすると、マーケティングの経験や資格を持つスタッフがいない場合に、マーケティングのパフォーマンスを向上させることができます。複雑な情報技術システムを使用している場合は、システムの管理と保守をIT企業にアウトソーシングできます。アウトソーシング料金がスタッフのコストよりも低い場合は、IT予算を大幅に節約する機会があります。

スキルの伝達

専門のサービスパートナーと協力することで、自分のスタッフのスキルを向上させる機会が得られます。ITシステムの管理を外部委託する場合、自分のITスタッフは、サイトで作業している専門家から学ぶ機会があります。一部のアウトソーシング契約では、サービスパートナーは、契約期間中、クライアントのスタッフの一部を臨時従業員として引き受け、スキル開発の機会を増やします。

中心的事業

あなたがビジネスを成長させているとき、成長にとって最も重要な活動に焦点を合わせることが重要です。サービスパートナーと協力することで、スタッフはコアビジネスタスクとも呼ばれる主要な成長タスクに集中できます。コアタスクには、ビジネスの性質に応じて、販売、財務管理、購入、製造が含まれます。これらのタスクに集中し、サービスパートナーを使用してロジスティクス、マーケティング、テクニカルサポート、製品開発などのタスクを処理することで、ビジネスをより迅速に成長させることができます。