非営利組織にとっての利益率

一般的に、非営利企業は事業を通じて利益を生み出すことを計画していません。むしろ、これらの企業は、確立された目標をより適切に達成するために、組織に戻すことができる収益を生み出すことを意図しています。ただし、略記として、営業費用を超える会社が調達する収益は、「利益」と呼ばれることもあります。非営利団体の適切な利益率は、組織の性質とその目標によって異なります。

非営利構造

非営利団体にとって「良い」利益率を構成するものは、組織の目標や規模など、非営利団体の構造に大きく依存します。一部の非営利団体は基本的に資金調達マシンであり、再分配される資金を調達するためだけに設計されていますが、これは利益を構成しますが、他の非営利団体はすべての資金を独自の機能に投入します。つまり、低い利益率が必要になります。

ゴール

場合によっては、非営利団体は、運営予算を常に超えることができ、追加の目的に使用したり、価値のある個人に配布したりするために多額の資金を持っている場合にのみ成功します。ただし、非営利団体の目的が単に組織の管理費を支援することである場合もあります。その場合、利益率が低くても問題ありません。

会計

非営利団体は営利目的で運営されていないため、「利益」を構成するものの定義は実際には少し曖昧です。多くの場合、組織は管理コストを満たさないものはすべて利益と見なします。しかし、他の組織は、彼らの中心的な目標は非管理費に充てられる一定の金額でのみ達成できると信じているかもしれません。したがって、この数字を超えるものはすべて利益です。

考慮事項

一部の非営利団体はまったく利益を上げていませんが、実際には常に損失を出し続けています。たとえば、一時的な目標(特定の候補者の選出、特定の法律の可決)を持っている多くの非営利組織は、利益を銀行に預けることができても将来は役に立たないため、途方に暮れる可能性があります。したがって、これらの企業はマイナスの利益率を追求していると言えます。