ERPの種類

ビジネスが成長するにつれて、在庫、出荷、および会計を追跡するための適切なソフトウェアパッケージにより、効率と収益性が維持されます。エンタープライズリソースプランニングプログラムは、伝統的に、世界中に数千人の従業員がいる市場の大手企業によって使用されてきました。しかし、ソフトウェア開発者は現在、ERPシステムを中小企業に販売しています。

業界固有のERP

大企業向けのERPシステムは、多くの場合、組織の特定の固有のニーズに合わせてゼロから構築されます。あなたのような中小企業の場合、既成のモデルで問題なく動作します。ほとんどは、製造、金融、またはロジスティクスベースの企業にサービスを提供するために3つのカテゴリにグループ化されています。

WebベースのERP

ERPプログラムは複雑になる傾向があり、それらを実行するにはハイエンドコンピューターが必要です。ただし、多くのサプライヤは、オフィスのコンピュータで実行するソフトウェアを購入する代わりに、Software as a Service(SaaS)を提供しています。この場合、インターネット経由でソフトウェアとデータにアクセスするためのサブスクリプションを支払います。プログラムはリモートサーバーで実行されているため、インターネットに接続している場所ならどこからでも自由にアクセスできます。

スモールビジネスERP

ERPシステムは、サプライチェーン管理から会計ソリューション、顧客関係管理まですべてをカバーできますが、ビジネスではこれらすべての機能を自動化する必要がない場合があります。したがって、ソフトウェア開発者は、より低く、より費用効果の高い価格で縮小モデルを提供します。たとえば、販売と注文の管理を提供するシステムで操作が正常に機能する場合がありますが、倉庫管理のモジュールは省略されます。