契約の言い回しの書き方

契約とは、期待される利益と引き換えに、各当事者が特定のことを行うか行わないことに同意する、2人以上の間の合意です。州法では、強制力を持たせるために契約書を書面で提出することが義務付けられている場合があります。ただし、管轄区域の法律で特定の契約を書面で行う必要がない場合でも、契約を逐語的に説明することには多くの利点があります。契約書を作成する際に徹底的かつ具体的に注意することは、可能な限り強力な合意を生み出すのに役立ちます。

1

ドキュメントの早い段階で、当事者と契約の日付を特定します。正式な氏名で当事者を特定します。契約の残りの部分で名前の短いバージョンを使用する場合は、フルネームを書き留めてから、「以下、...と呼びます」と言います。契約の日付は署名の日付になりますが、必ずしもそうとは限りません。あなたがそれを書いた日付になります。

2

契約の根拠となる事実を説明します。これは、後で法廷での当事者の意図などの問題をめぐって争う必要がある場合に役立ちます。土地の売却契約を作成している場合は、土地を具体的に特定します。結婚式やパーティーのためにイベントホールのレンタルを契約している場合は、イベントホール自体だけでなく、レンタル予定の日付も特定してください。契約の要点(各当事者が何をすることに同意しているのか)に入る前に、契約の本質が何であるかを非常に明確にする必要があります。

3

各当事者の義務が何であるかを明確に説明します。特定の時間までに何かをしたい場合は、契約に期限を入れてください。工場や現場への資材の供給を契約している場合は、期待する資材だけでなく、それらのグレードも指定してください。多くの契約ケースは部分的なパフォーマンスをオンにします。どちらかの当事者が、契約で彼が行うことになっていると彼が考えることを行いますが、それは反対側が期待していたこととは正確には異なります。双方の義務を明確にすることは、良好な商取引関係を台無しにする可能性のある高額な訴訟や契約紛争を回避するのに役立ちます。書面による合意は当事者の完全な合意であると述べる条項を含めます。これにより、リストされていない追加の約束をしたと相手が主張するのを防ぎます。

4

各当事者が受けている考慮事項を明確に説明します。考慮事項は、各当事者が取引から得ているものです。それはお金かもしれないし、商品かもしれないし、あるいは特定のことをするかしないかの反対側の約束かもしれない。契約では、この交渉された価値の交換が有効な契約である必要があります。時には、各当事者が行っている義務から考慮が明確になります。たとえば、商品の販売契約では、一方の当事者が商品を受け取り、もう一方の当事者がお金を受け取ります。