ネイティブアメリカンの土地でのビジネスのための税制上の利点

2013年の時点で、5,620万エーカーが、多数のインディアン部族に代わって米国政府によって信託されています。これらの土地のいくつかは、部族政府によって管理されているインディアン居留地として認識されています。インディアン居留地は通常、州の管轄権を免除されており、部族政府は独自の税金を課し、独自の法律を制定する権限があります。インディアン居留地は通常、経済的に不況な地域にあるため、連邦政府はこれらの土地に投資する企業に税制上の優遇措置を提供しています。

連邦税

ソブリンエンティティとして、部族政府は連邦税を完全に免除されています。部族政府は、所得税も免除される事業会社を設立することができます。「フォーブス」誌の2012年の記事によると、2012年、ネイティブアメリカンの部族は部族の土地で422のゲーム施設を運営し、収益に税金を支払う必要はありませんでした。ただし、個々のネイティブアメリカンも米国市民であり、連邦所得税を支払う必要があります。したがって、部族所得が個人に分配される場合、彼らはそれを課税所得として報告しなければなりません。

州税

州政府は、収入が居留地から発生する場合、部族政府またはインディアン居留地に住む個人の事業に課税する権限を持っていません。これには、州の財産税と所得税が含まれます。ただし、インディアン居留地の外に住むネイティブアメリカンの収入は、居留地内で行われる事業からのものであっても、州は課税する場合があります。州は、居留地内に住む個人が所有している場合でも、居留地外の資産に課税する場合があります。

加速償却

2013年の時点で、インディアン居留地で事業を行っている企業は、居留地内で使用されている資産を加速的に減価償却する可能性があります。たとえば、企業が通常3年間で減価償却しなければならない資産は、2年間で減価償却でき、5年間の資産は3年間で減価償却でき、20年間の資産は12年間で減価償却できます。これにより、企業の固定資産税の負担が軽減され、ネイティブアメリカンの土地の企業に投資するインセンティブが生まれます。

新しい市場税額控除

2013年の時点で、インディアン居留地に投資する企業や個人は、新市場税額控除を請求することができます。このプログラムにより、インディアン居留地に投資する投資家(企業および個人)は、投資費用の39%の税額控除を請求することができます。税額控除は7年間にわたって分散されます。たとえば、企業がインディアン居留地の倉庫を改造するために10万ドルを投資した場合、その企業は39,000ドルの税額控除を請求することがあります。