職場で成功する人々の特徴

職場での成功は、企業のはしごを登る、仲間から尊敬される、高いレベルの仕事の満足度を達成するなど、さまざまな方法で測定できます。仕事での成功がどのように決定されるかに関係なく、それを達成するには、通常、毎日タイムレコーダーを表示してパンチするだけでは不十分です。仕事で成功している人々は、いくつかの共通の特徴を共有する傾向があります。

責任感とやる気

成功した従業員は、職務内容の範囲外の可能性がある追加の責任を引き受けることを熱望しています。これには、部門が増加する作業負荷に追いつくのを助けるために追加のプロジェクトを引き受けるボランティアや、新しい従業員の指導が含まれる場合があります。労働者は、会社内で進歩する手段として、または単に部門ができるだけスムーズに流れるのを助ける方法として、より多くの責任を引き受けると考えるかもしれません。

強力なコミュニケーター

成功する従業員は通常、優れた対人スキルを備えた強力なコミュニケーターです。これは、彼らが経営陣や部門または作業領域の他のメンバーとうまくやっていくのに役立ちます。彼らはチームの一員としてうまく機能し、他の人を喜んで助けます。そのため、正式な管理職を持っていなくても事実上のリーダーと見なされることが多く、通常は管理職や従業員から高い評価を受けています。

誠実性

成功した従業員のもう1つの共通の特徴は、誠実性です。彼らは常にシフトの開始に間に合い、長時間の休憩や昼食時間をとらず、最後の手段として病気の日しかかかりません。彼らは彼らの仕事が徹底的かつ適切に完了していることを確認し、彼らの監督者は彼らが信頼できて信頼できると考えています。彼らは、他の従業員についてのうわさ話やウォータークーラーの周りのグリップセッションへの参加など、潜在的に有害な慣行を避けます。

フレキシブル

職場環境は頻繁に変化する可能性があり、成功する従業員とは、最小限の困難で変化に適応する従業員です。彼らは、作業プロセスの変更が大きな不安を引き起こすほど彼らのやり方で設定されていません。代わりに、彼らは変化を、新しいスキルを開発し、新しい経験を積む機会と見なす可能性があります。これにより、彼らはよりバランスの取れたものになり、会社にとっての価値が高まります。