独裁的で寛容な管理スタイルを使用する利点は何ですか?

独裁的で寛容な管理は、意思決定がどのように処理されるかという点で、リーダーシップの範囲の反対側にあります。独裁的なリーダーはすべての意思決定を自ら引き受けますが、寛容なマネージャーはすべての意思決定を従業員に任せます。どちらの極端にも問題がありますが、組織内で特定の利点も提供します。管理タイプの影響を理解することは、会社をどのようにリードするかを形作るのに役立ちます。

独裁的:迅速な決定

1人の担当者がすべての決定を処理する場合、他の関係者に相談することなく、それらの決定を迅速に行うことができます。これは、ビジネスが迅速に動き、競争力を維持するために迅速な対応が必要な業界にある場合に特に有益です。複数の当事者が意思決定に関与している場合、適切な進め方について意見の相違に遭遇することがよくあります。これは意思決定を遅らせ、会社が機会を逃す原因となる可能性があります。

独裁的:コントロール

独裁的なリーダーは、常に自分の会社を完全に管理することができます。その制御により、彼はすべての部門で何が起こっているのかを正確に知ることができます。また、担当者であるため、意思決定の一貫性を保つことができます。独裁的な事業主は、他の誰も会社を狂わせる可能性のある決定を下すことができないため、会社に対する彼のビジョンを実行することができます。このタイプのリーダーは、業務を完全に管理しているため、会社に対する潜在的な問題や脅威を十分に認識しています。

寛容:イノベーション

寛容なリーダーの部下は、通常、仕事の責任とプロジェクトに関連する意思決定を自由に行うことができます。これにより、やる気のある従業員は創造性を活用し、会社のための革新的なアイデアやソリューションを開発することができます。この創造的な自由は、経営陣からのリーダーシップの欠如にもかかわらず、一緒にうまく働く革新的な従業員のチームで最も効果的です。

寛容:新しいリーダーシップ

部下は意思決定に責任があるため、寛容なリーダーが率いる職場では、新しいリーダーが出現する可能性があります。マネージャーからの決定やガイドラインの欠如は、混乱した混沌とした職場環境を引き起こす可能性があります。これにより、潜在的なリーダーは前進し、作業チーム内の決定を導くのに役立つ機会が得られます。自主的でやる気のある従業員は、職場の決定を完全に管理するリーダーに制限されないため、リーダーシップスキルを磨くことができます。