SMSオプトインルール

コンテストへの参加、テキストメッセージのクーポンコードのメーリングリストへの参加、およびメーリングリストへの登録は、ショートメッセージサービスまたはSMSオプトインを獲得する方法です。将来のマーケティング情報を受け取るためにサインアップするように製品を注文するときに顧客に依頼することは、SMSを介してマーケティングの許可を受け取るもう1つの方法です。マーケターは、さまざまな政府機関によって設定されたオプトインルールに従う必要があります。そうしないと、多額の罰金が科せられます。企業および業界の規則に従わないと、SMSマーケティングキャンペーンが停止します。

許可

米国の規則では、消費者にプロモーションテキストメッセージを送信する前に、明示的なオプトインが必要です。電子メールによるマーケティングを承認することは、誰かがSMSによるマーケティングにも同意したことを意味するものではありません。ある会社からのメッセージの受信を許可しても、その会社のビジネスパートナーや関連会社によるマーケティングが常に許可されるとは限りません。ダブルオプトインは、誰かがSMSと電子メールの両方を介してマーケティングを明示的に承認した場合に発生します。顧客関係管理システムは、オプトインリクエスト、顧客調査結果、オプトアウトリクエストなどの顧客SMS履歴を保持します。米国の法律は、ユーザーがメッセージの受信を選択したことを文書化する立証責任をマーケティング会社に課しています。

FCC規制

米国連邦通信委員会またはFCCの規制により、SMSマーケティングは、意図的にオプトインしてメッセージの受信を選択した人に限定されています。FCCはまた、マーケターが将来のテキストメッセージの受信をオプトアウトするための簡単で直接的な方法を提供することを要求しています。オプトアウトする一般的な方法では、停止や終了などのテキストメッセージを送り返す必要があります。ユーザーは、SMSマーケティングによって発生するテキストメッセージング料金やデータサービス料金など、適用される可能性のある料金について、サインアップ時に通知する必要があります。

連邦法

米国連邦取引委員会は、SMSマーケターに、電話番号リストをNational Do Not CallRegistryと照合するように要求しています。テレマーケティング業者とSMSマーケターは、既存のビジネス関係があるか、電話やテキストメッセージの受信を選択していない限り、レジストリの担当者に連絡することはできません。既存のビジネス関係は、過去18か月以内にベンダーから何かを購入した顧客として定義されます。1998年の児童オンラインプライバシー保護法は、マーケティングを13歳未満の子供に制限しています。企業は、保護者の許可なしに13歳未満の子供に関する情報を収集することはできません。

会社の規則

モバイルコンテンツ要素を使用したマーケティングプログラムは、米国の携帯電話会社によって事前に認定されている必要があります。この事前認証は、SMSメッセージをワイヤレスプロバイダーのネットワーク経由で送信する前に必要です。 MichaelBeckerとJohnArnoldによる「MobileMarketingfor Dummies」によると、すべての商用テキストメッセージは、一般的なショートコードを介してアドレス指定および送信する必要があります。一般的なショートコードまたはCSCは、テキストメッセージを送信するために完全な電話番号の代わりに使用される4〜6桁の番号です。米国では、NeuStarがCSCレジストリを管理しています。米国で登録されている一般的なショートコードは、他の国では機能しません。