UPSに外部バッテリーを追加してランタイムを延長する方法

無停電電源装置は、停電や電圧低下時にミッションクリティカルなシステム(多くの場合、コンピューターやサーバー)が稼働し続けることを保証するために使用されます。UPSシステムは、電力サージやその他の電気システムの変動からも保護します。UPSユニットは、主電源から内部バッテリーを充電し、電源が切れた場合にバッテリーからデバイスに電流を供給することで機能します。一部のUPSユニットは、外部バッテリーからの電力入力も受け入れるため、UPSユニットの蓄積電力から重要なシステムを実行できる時間が長くなります。

1

UPSのマニュアルをチェックして、外部バッテリーをサポートしているかどうかを確認してください。

2

互換性のある外部バッテリーパックを購入してください。ほとんどの場合、UPSユニットと同じメーカーのものである必要があります。

3

UPSユニットからデバイスを取り外します。

4

UPSユニットの隣に外部バッテリパックを配置します。

5

外部バッテリパックのコードをUPSユニットの外部バッテリポートに接続します。

6

デバイスをUPSユニットに接続し直します。