同軸と光学の違い

ビジネスのトレーニングルームでのオーディオ接続でもネットワーク接続でも、デジタル信号は2つの異なる伝送メディアを頻繁に通過します。同軸接続は通常のワイヤを使用しますが、光接続は光ファイバケーブルを使用して信号を光のパルスとして転送します。どちらの接続にも長所と短所があります。

同軸ケーブル

ケーブルテレビ接続に使用されるケーブルと同様に、同軸ケーブルには4つのコンポーネントがあります。内側から外側に移動すると、中実の導線、絶縁層、通常は導電性材料のメッシュで構成される接地導体、および外部絶縁層があります。この構成により、同軸ケーブルはノイズの除去に比較的優れ、物理的に比較的堅牢になります。

光ケーブル

光ケーブルは、1本のケーブルに束ねられた非常に細い光ファイバーで構成されています。ファイバーはガラスまたはプラスチックでできており、光のパルスとして情報を伝達します。光ケーブルは同軸ケーブルよりも物理的に堅牢ではありませんが、はるかに高い帯域幅を伝送することもできます。

同軸ケーブルの選択

同軸ケーブルにはいくつかの重要な利点があります。まず、比較的安価です。さらに、同軸ケーブルは比較的頑丈です。曲げたりループしたりしても、送信する信号には影響しません。同軸ケーブルのノイズ除去と比較的低い信号損失のため、10および100メガビットの帯域幅での長いネットワーク実行のための従来のイーサネットケーブルの優れた代替手段となる可能性があります。

光ケーブルの選択

光ケーブルの主な利点は速度です。同軸ケーブルは100メガビットのデータを伝送しますが、2013年6月現在、100ギガビットの光技術が開発中です。光ケーブルには、電気信号を伝送しないという利点もあります。オフィスに大量の電磁干渉または無線周波数干渉がある場合、それらの信号の一部が絶縁体を通過して同軸ケーブルに入る可能性があります。光ファイバーは電気の代わりに光を運ぶので、EMIとRFIはそれに影響を与えません。さらに、光ファイバーケーブルは曲がったりねじれたりする可能性が高くなりますが、頻繁に移動したり、接続および切断されたりしない接続に使用できるほど堅牢です。