基調講演で言葉をスライドさせる方法

Apple Keynoteプレゼンテーションにテキストアニメーションを追加すると、聴衆の注意を引き、重要な事実を強調するのに役立ちます。Keynoteには、個々の単語やテキストのセクションにスライドイン効果を作成するために使用できる高度なアニメーション機能が含まれています。Keynoteでテキストスライドアニメーションを作成するには、プログラムのテキストボックス機能を使用してテキストオブジェクトを作成し、ビルドツールでアニメーション効果を適用します。

テキストボックスを作成する

1

Apple Keynoteで新規または既存のプレゼンテーションを開き、テキストアニメーション効果を作成するスライドに移動します。

2

Keynoteツールバーの「テキストボックス」ボタンをクリックします。

3

スライドに表示されるテキストボックス領域に、アニメーションに使用する1つまたは複数の単語を入力します。入力すると、ボックスが自動的に展開され、テキストが含まれます。テキストの入力が終了したら、テキストボックスの外側をクリックします。

4

テキストボックスの外側にある選択ハンドルをドラッグして、テキストのサイズを変更します。テキストボックスをクリックしてハイライトし、スライドの正しい表示位置にドラッグします。

5

個別にアニメーション化する単語またはテキストのパッセージごとに、このプロセスを繰り返します。テキストボックスの外側に、スライドに含めたいがアニメーション化したくないテキスト、画像、またはオブジェクトを追加します。

テキストボックスをアニメーション化

1

アニメーション化するテキストボックスをクリックして選択します。アニメーション化するテキストボックスを複数作成した場合は、キーボードの「Shift」キーを押してから、アニメーション化する各テキストボックスをクリックして選択します。

2

Keynoteツールバーの「Inspector」をクリックしてから、「BuildInspector」ボタンをクリックします。

3

「組み込み」ボタンをクリックして、テキストオブジェクトをスライド上に移動するアニメーション効果を作成します。「組み込み」ボタンをクリックすると自動的に起動する「エフェクト」ポップアップメニューのオプションを表示します。

4

該当するプルダウンメニューから、各オブジェクトのアニメーションタイプ、方向、ビルド順序を選択します。たとえば、テキストをページの上、下、左、または右からスライドに移動します。該当するボックスで、アニメーション効果の持続時間を秒単位で設定します。スライドに個別のテキストボックスが表示される順序を変更することもできます。たとえば、最初から最後まで、または最後から最初まで。

5

ツールバーの「再生」をクリックして、アニメーションがスライドにどのように表示されるかをプレビューします。必要に応じて、[効果]ポップアップメニューに戻り、アニメーション設定を微調整します。Keynoteプレゼンテーションを保存して、スライドアニメーションを保存します。