S法人の課税所得を計算する方法

株主数が100人未満の中小企業は、IRSでS法人のステータスを選択できます。事業自体はその所得に対して税金を支払いません。代わりに、利益は、収入のシェアに税金を支払う株主に渡されます。したがって、S法人では、中小企業は法人設立の責任シールドとパートナーシップの税制を利用できます。S法人の収入を計算することは、各株主に帰属する収入額を計算することです。

1

IRSフォーム2553に記入して提出し、企業がS法人のステータスを選択したことをIRSに知らせます。すべての株主、各人が所有する株式の数、および株式が取得された日付をリストする必要があります。有限責任会社のように株式を発行しない会社は、所有者と各人に帰属する所有の割合をリストする必要があります。

2

他の法人が所得を計算するのと同じ方法で、S法人全体の課税所得を計算します。一般的に、課税所得は、総所得から費用と許容控除額を差し引いたものです。事業の種類や許容される会計方法はさまざまであるため、正確な方法は事業によって大きく異なります。たとえば、賃貸物件を所有する企業は、主に商品を販売したり、金融市場に投資したりする企業とは異なる方法で収入を計算します。S法人の収入を計算するには、IRSフォーム1120-Sに記入してください。

3

IRSフォーム1120-Sからの課税所得を総株式数で割ります。個々の株主ごとに、その結​​果に保有する株式数を掛けます。課税年度の各株主に帰属する所得をリストするために企業が提出しなければならないフォームであるスケジュールKに記入します。収入が実際に株主に分配されたかどうかは関係ありません。収入はまだ彼らに起因しています。

4

株主ごとにスケジュールK-1を完成させます。各フォームで、その株主に帰属する収入の額をIRSに再度通知します。各株主のK-1のコピーを株主に送付してください。すべてのスケジュールK-1をスケジュールKに添付します。

5

スケジュールKをフォーム1120-Sに添付し、IRSに提出します。