貿易割引の利点

貿易割引は、ビジネス環境で販売される商品またはサービスのコストの削減を表します。貿易割引は、中小企業がサプライヤーから商品やサービスを購入するときにお金を節約するのに役立ちます。多くのサプライヤーは、中小企業が貿易割引を受けるために特定の時間枠内に支払うことを要求しています。これらの用語は通常、1/10 Net30として表されます。これは、請求書が10日以内に支払われた場合、または全額が30日以内に支払われる場合、企業は1%の割引を受けることを意味します。トレードディスカウントは、ビジネスの売上を伸ばすための重要なツールにもなり得ます。

低いビジネスコスト

貿易割引の大きな利点は、中小企業が運営ビジネスのコストを削減できることです。中小企業は、多くの場合、事業運営に必要な経済的資源、生産設備、在庫、またはその他のアイテムを取得するために資本の大部分を費やしています。多くのサプライヤーやベンダーは、より短い期間でお金を受け取るために中小企業の貿易割引を提供します。貿易割引を提供するサプライヤーやベンダーを常に探している事業主は、多くの場合、事業支出にかかる多額の資本を節約します。

購買力を高める

中小企業は、貿易割引を利用して購買力を高めることができます。購買力は一般に、企業または個人が特定の価格で購入できる商品の量として定義されます。サプライヤーまたはベンダーの貿易割引を通じてお金を節約する中小企業は、この節約された資本を他のリソースまたはインプットの購入に使用できます。追加の購入には、生産設備の改善、生産量を増やすための追加の従業員、または事業運営を改善するための他の購入が含まれます。事業主は、この資本を節約し、事業投資を購入することで利息を稼ぐことを選択できます。

のれんを改善する

製造業者、供給業者、ベンダー、および企業は、貿易信用を使用することにより、ビジネス環境でのれんを増やすことがよくあります。のれんは、企業が経済市場で低価格、優れた顧客サービス、または高品質の商品やサービスを提供することによって顧客に生み出す価値または魅力的な力です。企業が企業や個人に大きな割引を提供し、サプライヤーやベンダーに繰り返しビジネスを提供する場合、貿易割引はのれんの改善にも役立ちます。

消費者売上高の増加

事業主は、会社が販売する商品またはサービスの取引割引を消費者に提供することを決定する場合があります。これらの割引には、販促販売、クーポン、大量購入、またはその他の同様の価格戦略が含まれます。貿易割引は個々の商品やサービスの販売による粗利益の額を減らしますが、企業は多くの場合、大量販売を通じてこの利益を取り戻します。製品に低価格を支払う消費者は、会社の貿易割引を利用するために、より多く購入することを選択できます。