事業参入における電子ドアの公安上の危険は何ですか?

中小企業が自宅から小売店に移行するときは、安全上の懸念がリストの一番上にあるはずです。開業する前に、電子ドアがスムーズで適切に機能するかどうかを徹底的にテストしてください。自動ドアは、つまむことから押しつぶすこと、さらには閉じ込められることまで、いくつかの公共の安全上の危険をもたらす可能性があります。

破砕の危険

自動ドアは便利です。アメリカ自動ドア製造業者協会によると、バッグを持っている買い物客、車椅子の人、ベビーカーを押す親は、電子ドアの助けを借りてビジネスに簡単に出入りできます。しかし、ドアが適切に機能しない場合、それらは押しつぶす危険をもたらします。ドアが適切に機能しているかどうかをチェックすることは、毎月の安全チェックリストの一部である必要があり、米国消費者製品安全委員会に助言します。

指をつまむ

子供が自動ドアの近くで浮浪したり遊んだりしてはいけません。それらの小さな身長は、ドアのセンサーによって検出されない場合があります。子供がドアを押したり触れたりしているときにドアが閉まると、指が挟まれたり折れたりする可能性があります。この問題から保護するために、ドアの下部近くに追加のセンサーを設置し、ビジネス中は常に子供が親の監督下にある必要があることを示す警告サインを掲示してください。

偶発的な閉じ込め

1991年に、米国消費者製品安全委員会は、自動ガレージドアに反転システムを搭載することを要求し始めました。この安全上の注意は、すべての電子式ドアに必要なわけではありませんが、ビジネスで自動ドアを使用する場合は考慮する必要があります。ドアのわき柱の近くに配置されたセンサーは、誰かまたは何かが玄関に押し込まれているかどうかを検出できます。その後、ドアが自動的に開き、閉じ込めや怪我の可能性を減らします。

安全機能

ほとんどのスライド式および回転式の電子ドアには、建物の火災や停電が発生した場合の分離機能があります。この機能をテストするには、ドアをスライドさせずに前方に押します。ドアは軌道から外れて、従来のスイングドアのように開く必要があります。これにより、緊急時に人々がより早く、より効率的に事業から撤退することができます。この機能がない場合、または誤動作している場合、玄関は公共の安全上の問題になります。