ボーナスと正式な報酬の倫理

社会の多くの部分が経済的困難に苦しんでいるため、多くの産業におけるボーナスと正式な報酬の倫理的意味が近年注目を集めています。中小企業がボーナスまたは報酬が倫理的であるかどうかを決定するとき、それは従業員の支払い構造、ボーナスを決定する方法、および社会への可能な影響を考慮しなければなりません。ボーナス倫理の調査がなければ、企業は従業員を不当に扱ったり、顧客を疎外したりするリスクがあります。

ボーナス基準

経営陣が従業員にボーナスや報酬を発行するために使用する基準は、インセンティブの倫理的影響を分析するために重要です。企業は、主観的なプロセスまたは難しい数字に依存する客観的なプロセスを使用する場合があります。ビジネスが主観的な方法を使用する場合、マネージャーは自分のプロセスが他の従業員に対して倫理的であるかどうかを尋ねる必要があります。たとえば、マネージャーが従業員を個人的に知っている場合、彼女は従業員にもっと大きなボーナスを与える傾向があるかもしれません。

賃金格差

ボーナスと正式な報酬は、ボーナスを受け取る従業員と受け取らない従業員の間の生産性レベルに不釣り合いな賃金格差をオフィスに生み出す可能性があります。たとえば、ある従業員が50,000ドル相当の製品を販売すると、5,000ドルのボーナスを受け取る一方で、別の従業員は、売上が49,500ドルだったためにボーナスを逃したとします。売上高の差はほとんど無視できますが、1人の従業員の給与は現在大幅に高くなっています。企業は、倫理的なジレンマを回避するために、これらの潜在的な問題を説明する必要があります。

外部への影響

企業が従業員に報酬を与えるために使用するインセンティブは、社会や顧客からの圧力により、社内の倫理的ジレンマを生み出す可能性があります。例えば、近年、一部の金融機関は、国家経済の不安定さをきっかけに、従業員へのボーナスの支払いについて批判を受けています。従業員へのボーナスや正式な報酬を検討する際、企業は社会における自分の役割と、ボーナスが社外の人々の心に与える影響を考慮する場合があります。たとえば、会計年度中に顧客に経済的問題を引き起こした企業の従業員にボーナスを与えることは非倫理的に思えるかもしれません。

給与体系

従業員の給与体系は、ボーナスと正式な報酬の倫理を決定するために重要です。一部の企業は、報酬を保証する生産性のマイルストーンを必ずしも達成しない年俸が設定されている従業員にボーナスを与える場合があります。ただし、他の業界の従業員の給与は、ボーナスや報酬に完全に依存している場合があります。