ドルが外貨に対して高い場合、それはどういう意味ですか?

「弱い」ドルよりも「強い」ドルの方が望ましいと思われるかもしれません。ただし、それが正しいかどうかは、ビジネスの性質によって異なります。外貨よりも多くの商品を買うことができるとき、ドルは強いです。それは外貨に比べて高いことを意味します。外貨より購買力が低いと弱い。あなたがそれを利用するためにあなたの会社を位置づけるならば、どちらの条件もあなたに利益をもたらすことができます。

外国製品の購入

あなたは強いドルでもっと海外で買うことができます。ドルが強いとき、あなたのドルは外国でより多くの購買力を持っているので、あなたはあなたのお金のためにより多くの商品を手に入れます。このような環境では、在庫や消耗品を購入するための戦略を海外での購入に切り替えることができます。あなたは送料を払わなければならないので、製品の節約があなたの送料を有益な方法で相殺することを確認してください。

国産品の販売

ドル安の時、外国はもっとアメリカの商品を欲しがる。彼らはドル安で購買力が高いので、米国の商品を購入する傾向があります。ドルが他の国の通貨に対して弱いことを読んだとき、それはその国であなたの製品を売り込む良い時期かもしれません。購入者は、自国の同様の製品よりも多くの製品を購入できることを知っているため、マーケティングメッセージを受け入れる可能性があります。

競争のコスト

ドル高の場合、アメリカの商品に関しては、他の通貨の購買力は低くなります。ドル高の場合の1ドル相当の米国商品は、外国のバイヤーが自分の地域で同様の商品に費やさなければならない自国通貨のコストを高くする可能性があります。それはそれを輸出するのを難しくすることができます。ドル高の時期に輸出と国内販売が混在するビジネスの場合は、マーケティングを国内に集中させることをお勧めします。

顧客を維持する

あなたの顧客がより安い外国の商品を買わないようにするためにあなたはあなたの価格を下げなければならないかもしれません。他の通貨がドルよりも低い場合、ドルはより多くの外国商品を購入し、顧客は海外市場に目を向ける可能性があります。顧客の送料を相殺するのに十分なだけ安く製品の価格を設定することで競争できます。外国の商品は出荷する必要があり、ドルが高く外貨が弱い場合でも、これはコストを増加させます。