デイケアセンターで保護者やスタッフとコミュニケーションをとる方法

効果的なコミュニケーションは、デイケアセンターの成功に不可欠です。これには、子供たちとの協力だけでなく、センターの管理者がスタッフやセンターに登録されている子供たちの両親と定期的かつ明確にコミュニケーションをとることも含まれます。良好なコミュニケーションは、誤解や不一致の期待を防ぎ、協力の改善を促し、子供たちの世話をするためのチームアプローチを促進することができます。デイケア管理者は、書面、口頭、および電子的な手段を組み合わせて、親とスタッフの両方とコミュニケーションをとる必要があります。

ハンドブック

多くの成功したデイケアセンターのコミュニケーションの重要な形式はハンドブックです。センターでは、親ハンドブックとスタッフ用ハンドブックの両方を作成して提供する必要があります。どちらにも、センターの使命と運営の哲学、関連するすべてのポリシーのコピー、運営の日時、病気や欠席への対処方法、連絡先情報が含まれている必要があります。保護者用ハンドブックには、登録、支払い、保護者の責任、および子供が学校に持ち込むことを許可されているものに関する情報も含める必要があります。スタッフのハンドブックには、規律や行動の問題を処理する適切な方法、親と対話するための受け入れられた方法、支払いスケジュール、スタッフの業績目標と行動方針を含める必要があります。

電子通信

電子通信は、多くの場合、営業時間外にスタッフや忙しい親にいつでも連絡するための最も便利な方法です。保護者やスタッフとの定期的なコミュニケーション手段としてメールを使用する場合は、全員がこれを認識し、センターからのコミュニケーションについて定期的にメールをチェックすることを知っていることを確認してください。すべてのスタッフの自宅のメールアドレスの最新リストと、センターの子供たちの親と保護者の自宅と職場の両方のメールアドレスを保持します。また、センターのウェブサイトを開設し、職員や保護者に公開します。顧客によっては、ソーシャルネットワーキングサイトでのプレゼンスの確立を検討することもできますが、子供の名前や写真が公開されないように、必要なすべての予防措置を講じてください。

ミーティング

スタッフとのミーティングを開催することは、定期的なコミュニケーションを確保するための一般的な方法です。最も効果的な会議は簡潔な議題に従い、管理者とスタッフのコミュニケーションとスタッフの懸念の共有の両方を可能にします。新しい問題について話し合い、可能であれば問題を解決し、今後のイベントについてスタッフに通知します。センターは時折親の会合を主催しようとするかもしれませんが、同時に参加する意味のある数の親を得るためにすべての親のさまざまなスケジュールと協力することは困難です。代わりに、金曜日の午後遅くまたは平日のある夜に、簡単な親のミーティングと組み合わせたオープンハウスを主催します。親スタッフ諮問委員会の設立を検討してください。このグループは定期的に会合を開き、センターの運営について話し合い、情報を共有し、両方のグループに懸念を伝える機会を提供します。子供とスタッフのための特別なイベントの計画と実施を支援します。

その他の通信方法

特別なイベント、遠足、または緊急の通知については、自宅の印刷物を送ることができます。幼い子供に覚えてもらい、おむつバッグに埋めるのではなく、親に直接渡して、確実に見られるようにします。安全なドロップボックスを設定して、保護者が営業時間後に支払いを取り下げることができるようにします。センターの目立つ場所に人目を引くポスターを貼って、今後の特別なイベントや外出に関する情報を共有し、休日の休業やセンターの営業時間の一時的な変更を保護者に思い出させます。乳幼児の両親が子供の日を説明する日次または週次のレポートを家に送ってください。そうすれば、親は子供が昼寝をしたか、屋外で遊んだか、食事をしたかを知ることができます。親はまた、子供の行動に影響を与える可能性のある問題や進展についてセンターのスタッフに連絡する必要があります—歯が生える、トイレトレーニング、不在の親または新しい兄弟はすべてこのカテゴリに分類されます。