売上請求書の目的は何ですか?

ベンダーは、消費者が受け取った商品またはサービスの代金を支払った後、顧客に売上請求書を提供します。これは、商人から消費者への取引の書面または電子文書です。企業がすべての売上の証拠を持っていること、彼ら自身を保護すること、そして記録保持の目的のために重要です。

記録の保存

売上請求書の最も基本的な目的は、売上の記録を保持することです。これは、商品が販売された日付、支払われた金額、および未払いの負債を追跡する方法を提供します。請求書は、会計のための非常に貴重なツールです。また、どの従業員が販売を行っているか、および彼らが販売しているアイテムを追跡することもできます。

税務上の目的

政府は、企業が持つべき請求書の種類に合わせたシステムやテンプレートを設定していません。ただし、税務上、すべての売上請求書を記録して維持することが不可欠です。内国歳入庁は、中小企業の所有者がすべての商取引の実行中の要約を保持することを提案しています。その中で請求書は重要な部分です。これは、企業が税金を申告し、適切な金額が支払われるようにし、監査を回避するのに役立ちます。

法的

売上請求書は、中小企業の所有者を詐欺的またはささいな民事訴訟から保護するのに役立ちます。請求書には、特定の商品またはサービスが特定の時間に提供されたことが示されています。顧客の署​​名付きの請求書は、ベンダーと顧客の間の合意を示しているため、特に価値があります。請求書がないと、売却が発生したという記録はなく、価格設定に関する競合が発生する可能性もあります。

マーケティング

すべての売上請求書を綿密に追跡している会社は、その情報を利用して顧客ベースをターゲットにすることができます。たとえば、企業は、販売日、販売された製品、販売金額などのデータを入力できます。コンピュータプログラムまたはマーケティング会社は、情報を編集して、ピーク購入時間、人気のある製品、および収益の傾向を確認できます。これは、ビジネスマーケティング戦略を開発するときに価値があることがわかります。