マーケティングにおけるクロス集計とは何ですか?

生データを分析する場合、クロス集計(列と行のあるテーブル)は、マーケターが2つ以上の変数を同時に観察するのに役立ちます。分割表またはクロスタブとも呼ばれるクロス集計は、生データをサブグループに分割して、従属変数が1つのサブグループから別のサブグループにどのように変化するかを示します。クロス集計は、市場調査を実施する際に最もよく使用されるデータ分析方法である傾向があり、そうでなければ不明確な変数間の関係を明らかにすることができます。

明確な表示と分析

変数とその要素を列と行のあるテーブルに表示することで、クロス集計によりデータを明確に解釈できるようになり、統計的な傾向がない市場調査員にメリットがあります。このテーブルには、たとえば、年齢や性別などの人口統計情報を含めることができます。この情報の単純なクロス集計は、1つの列が年齢用に予約され、もう1つの列が性別用に予約された2列の表になります。次に、研究者はこのテーブルにすべての情報を入力すると、年齢や人種ごとに、質問に回答した最も著名なグループをすぐに確認できます。

洞察を得る

クロス集計法は情報を明確にグラフ化するため、この方法は、市場調査員が複雑な市場現象に関するより良い洞察を得るのに役立ちます。他のより複雑な分析方法を使用すると失われる可能性のある洞察です。

解釈の明確さ

クロス集計によって提供される解釈の明確さは、マーケターが市場調査と市場行動の間のより強いリンクを見つけるのに役立ちます。これを見つけることで、彼らは研究に応じた将来の行動を抑制する必要があるのか​​、継続する必要があるのか​​、停止する必要があるのか​​を判断できます。

データの混乱を減らす

グラフ化が不十分な場合、生データの解釈が曖昧になる可能性があります。クロス集計の単純さにより、調査では3番目または4番目の列をテーブルに追加できます。これにより、混乱を引き起こすことなく、変数間の関係についてより多くの洞察が得られます。