WindowsXPで仮想メモリをデフォルト設定に戻す方法

システムの仮想メモリを使用すると、使用可能なハードディスク領域を物理メモリ(RAMとも呼ばれます)として使用することで、コンピュータをより効率的に動作させることができます。家庭環境と企業環境の両方で、これにより、仮想メモリが物理的な対応物の不足を補うのに役立つため、より多くのお金を節約できます。Windows XPベースのコンピュータに十分なRAMを購入した場合は、仮想メモリをデフォルトに戻してディスク領域を再利用することをお勧めします。

1

「スタート」メニューからナビゲートし、「実行」をクリックします。[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスで、「sysdm.cpl」(引用符なし)と入力し、[OK]をクリックします。[システムのプロパティ]ダイアログが表示されます。

2

「詳細」タブをクリックします。[パフォーマンス]セクションで、[設定]ボタンをクリックします。[パフォーマンスオプション]ダイアログが表示されます。

3

「詳細」タブをクリックします。[仮想メモリ]セクションで、[変更]ボタンをクリックします。[仮想メモリ]ダイアログが表示されます。

4

プライマリストレージユニットや外部ボリュームなど、変更するハードディスクドライブを[ドライブ[ボリュームラベル]]セクションから選択します。

5

[選択したドライブのページングファイルサイズ]セクションの下にある[システム管理サイズ]ラジオボタンをクリックします。このデフォルト設定により、オペレーティングシステムは必要に応じて任意の量のハードディスク容量を使用できます。

6

「OK」をクリックしてすべての変更を適用し、仮想メモリをデフォルトレベルに効果的に設定します。