管理リーダーシップスタイルの種類

経営陣のリーダーシップとは、従業員と組織のニーズを満たす方法を見つけることです。単一の正しい経営リーダーシップスタイルはありません-最高のリーダーシップスタイルは、あなたが直面している課題とあなたが率いる人々のニーズを満たすものです。効果的なリーダーは柔軟性があり、状況の変化に合わせてリーダーシップのスタイルを変えることができます。

クラシックスタイル

リーダーシップの古典的なスタイルは、リーダーが彼女の下にいる人々にどれだけのコントロールを与えるかを説明します。たとえば、自由放任主義のリーダーシップでは、マネージャーは部下にほとんど指示を与えず、部下が物事を進めることを許可します。このスタイルは、従業員が高度な訓練を受け、やる気がある場合に最も効果的です。対照的に、独裁的なリーダーシップのスタイルは、リーダーが仕事のほとんどの側面を制御し、労働者が提案をしたり自分で考えたりする余地をほとんど与えないスタイルです。参加型のリーダーシップスタイルはチームワークを強調し、問題の解決とパフォーマンスの向上を支援するために従業員が協力することを勧めます。

変革のスタイル

トランスフォーメーショナルスタイルのリーダーシップの理論は、学者のジェームズマクレガーバーンズとバーナードベースによって最初に開発されました。彼らは、リーダーが組織と労働者にどのように変化をもたらすことができるかを彼らの本で説明しました。トランスフォーメーショナルリーダーは、会社がどこに行きたいかというビジョンと、そのビジョンを実装するためのカリスマ性とスキルを備えています。トランスフォーメーショナルリーダーシップは、リーダーが主に個人的なカリスマ性を通じてインスピレーションを与えるカリスマスタイルのリーダーシップと、リーダーが組織に対するビジョンを設定し、他の人にそのビジョンを達成するようにインスピレーションを与える先見の明のあるリーダーシップスタイルにも関連しています。リーダーシップの変革スタイルは、起業家のビジネスでうまく機能します。

参加型スタイル

一部のリーダーシップスタイルは参加に焦点を合わせています。これらの1つは、リーダーシップの民主的なスタイルです。このスタイルでは、リーダーは個々の従業員の知識とスキルを使用して、組織が進むべき方向についてのコンセンサスを構築するのに役立ちます。このスタイルは、組織がとることができるいくつかの方向がある場合に適しています。リーダーシップの提携スタイルはチームワークを強調します。このスタイルで。リーダーはチームワークを強化し、コミュニケーションと士気を向上させるために働きます。このスタイルは、コミュニケーション不足のために従業員が不満を抱いている企業に役立つ可能性があります。

強力なリーダー

リーダーシップのいくつかのスタイルは、方向性をリーダーの個性に依存しています。強力なリーダーに依存するリーダーシップのスタイルには、リーダーが高い基準を設定し、達成に執着する可能性があるペース設定が含まれます。テキサスを拠点とするDellコンピュータのMichaelDellは、ビジネスの成長に絶えず注力していることで、ペースを設定するリーダーとして説明されています。指揮するリーダーシップのスタイルでは、リーダーは軍隊のように従業員を「命令」します。このスタイルは、危機的な状況で役立つ場合があります。リーダーシップのコーチングスタイルでは、リーダーは労働者と1対1で働き、彼らを指導し、パフォーマンスを向上させます。