5種類の事業構造

大小を問わず、すべての企業は、組織化の方法、運営方法、税金や負債などの処理方法を定義する5つの基本構造のいずれかに分類されます。各構造には独自の長所と短所があり、ある会社で機能するものが別の会社に悲惨な結果をもたらす可能性があります。ビジネス構造の違いを学ぶことは、起業家が自分の会社を計画するのに役立ちます。

ヒント

中小企業は、個人事業、パートナーシップ、法人、S法人、または有限責任会社として組織することを選択できます。

個人事業の内外

個人事業主とは、1人の個人が所有する(そして多くの場合運営する)法人化されていない会社です。これには、小さな小売店、整備士サービス、さらには製品をオンラインで販売しようとしている発明家やミュージシャンも含まれます。個人事業主を設立することはかなり簡単であり、それらを実行するプロセスはかなり簡単です。ただし、個人事業主は事業の利益を売却して資金を調達することはできず、所有者は事業のすべての債務および訴訟に対して責任を負います。

パートナーシップで一緒に来る

パートナーシップは、複数の人が関与することを除いて、個人事業に似ています。2人以上の人が集まって特定のビジネスで働き、利益(または損失)またはそのビジネスを共有します。個人事業主のように、パートナーシップは比較的簡単に設定でき、大企業が行うような税金を支払う必要はありません。しかし、パートナー自身が事業の損失と責任に責任があり、非公式の合意に基づいて設立されたパートナーシップは、会社が苦労しているときに対人関係の問題にぶつかる可能性があります。

企業としてより簡単に資金を調達する

会社は、会社の所有権の株式を所有する人々のグループによって管理される会社です。株主は、誰が会社を経営し、どのように事業を行うかを決定し、所有する株式に基づいて利益を受け取ります。

企業は、パートナーシップや個人事業主よりも簡単かつ容易に資金を調達でき、多くの場合、より多くの開始資本にアクセスして立ち上げることができます。彼らは彼らのために働く人々とは別に存在します。つまり、所有者は個人的な責任を心配する必要がなく、創業者が退職した後も会社は存続します。

一方、企業は多くの人からの意見を求め、行動を遅らせることが多く、年次株主総会などの特定の組織基準を遵守する必要があります。彼らはまた、より多くの税金や同様の料金を支払う傾向があります。

S法人の株主規則

S法人は、標準的な法人とは少し異なるバージョンです。他の企業とは異なり、彼らはすべての利益、損失、税額控除を彼ら自身の実体として吸収するのではなく、株主に渡します。株主は、会社を通じて収益を反映するのではなく、個人の確定申告ですべての収益を申告します。

これを行うには、米国に拠点を置き、100人以下の株主を持ち、それらの株主は他の会社(または外国の株主)ではなく、米国の個人、信託、および不動産である必要があります。

LLCであなたの責任を制限する

有限責任会社は1977年に最初に誕生し、比較的最近の現象になっています。 LLCは、企業の要素をパートナーシップまたは単独所有のビジネスの要素と組み合わせます。企業のように、所有者は借金やその他の負債に対して個人的に責任を負いません。パートナーシップや個人事業主のように、それらは比較的単純であり、迅速な操作を可能にします。それらは比較的新しいため、それらの行動を制御する判例は少なく、それらの操作に予期しない問題を引き起こす可能性があります。