コミュニケーションはどのように機能しますか?

コミュニケーションは職場で絶対に必要です。いくつかの異なるタイプのコミュニケーションが存在し、それらはすべて生産性と高レベルでの作業能力に影響を与えます。職務は、特定のタスクを実行するために必要なコミュニケーションのレベルに影響を与えます。たとえば、営業担当者は顧客対応の役割で口頭でのコミュニケーションスキルを必要としますが、Web開発者はデータを処理し、ソフトウェアシステムを介して通信するための高速インターネットとスキルを必要とします。役割は大きく異なりますが、どちらも職場でのコミュニケーションの線を表しています。

ツールとコミュニケーションプロセス

コミュニケーションにはさまざまな形があります。強硬な通信プロセスには、インターネットアクセス、電話、電子メールアカウント、およびSlackやBasecampなどの内部通信メッセージングプラットフォームが含まれます。これらのツールは、顧客や他の従業員と通信する機能を提供し、あらゆるビジネスの基本的な機能にとって重要なツールです。これらのツールがないと、単純なタスクの完了が厳しく制限されます。

最新のコミュニケーションツールは、情報の共有と移動を容易にする効率を生み出します。デジタルカレンダーでさえ、時間と義務を果たすための重要なコミュニケーションツールとして機能します。電子メールプラットフォームと統合されたカレンダーは連携して、スケジュールと連絡先を1つの屋根の下で同期します。

同僚とのコミュニケーション

電子メールやメッセージングシステムの外では、同僚は会議やカジュアルなやり取りを通じて口頭でコミュニケーションを取ります。コラボレーションによる積極的な専門家の交流は、職場で非常に効果的です。リーダーシップの役割を担う人々は、プレゼンテーションやパネルを通じて、個人やグループの設定で効果的にコミュニケーションをとることができなければなりません。

理想的な世界では、すべてのやりとりが進歩を促進しますが、ビジネスと生産性を妨げるコミュニケーションの例がたくさんあります。受動的攻撃的行動、いじめ、セクハラはすべて、社会の多くの職場に存在する問題です。人事部門は、従業員が一般的な行動ガイドラインに従う安全で生産的な職場環境を作ることを主な目標としています。

顧客とのコミュニケーション

顧客対応のコミュニケーションは、販売または顧客サービスの役割の基礎です。顧客向けのものはすべて、サービスを提供するコミュニティでの企業の評判とアイデンティティに影響を与える可能性のある結果をもたらします。

場合によっては、従業員は、エラーを防ぐために顧客向けのコミュニケーションを制御するスクリプトに従う必要があります。制御されたスクリプトは常にオプションであるとは限りません。従業員は、効果的かつ顧客の最善の利益のためにコミュニケーションをとる方法を知っている必要があります。この役割を怠ると、会社に悪影響を与える可能性があります。コミュニケーションに苦労している従業員は、トレーニングまたは別の、顧客と向き合わない役割を必要とします。